義家弘介

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、義家弘介について説明しています。ヤンキー先生と呼ばれている誰かについては「ヤンキー先生」をご覧ください。
Bouncypotato.gif
この記事「義家弘介」は何故か「ヤンキー先生」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「義家弘介」の項目を執筆しています。

義家弘介(よしいえ ひろゆき、1971年3月31日 - )は議員大先生。元教師。たった5年間の正規勤務で教師のすべてを理解した学問の自分の教え子と結婚したことで知られる

概要[編集]

珍しい名字だが、「ヨシイケ」が正しい。(中川秀直元幹事長談) 通称、自称ともに「ヤンマー先生」。これは出身地柄、除雪や農耕が得意なためである。

なんと1回も担任を持ったことがあるという百戦錬磨の教師である。 担任期間も3年間と破格の長期指導であった。3年間とは、当時の20年間に相当する。

学生時代その燃える正義感から、教師を燃やしたことがある。

闘志を燃やし尽くした後は、一先ず日教組の思想に接近して、念願の教師の座を手に入れた。

しかし、反日教組の旗を掲げれば、学生時代よりもっと暴れられることに気づいて、右翼に転向。

今度は鬼教師になって、あらゆる生徒を燃やし尽くした。

しかし、たった5年で飽きて退職し、自民党の国会議員に。

左翼教官が「5年間の教師生活で教師のすべてがわかった」と叫べば笑われるだろうが、右翼になればみんなマンセーだ。

現在は正義のために永田町炎上させようと下っ端議員の身で奮闘している。ちなみに、義家は小選挙区でなく関東比例区なので、有権者から落とされることはまずない。

交通事故で生死を彷徨い、それを題材にしたDQNメンヘラ番組、「ヤンマー膀胱破裂(通称ヤンボコ)」という番組が放送され、話題を集めたりしなかったり。それを機に、膀胱再生に目覚め、2006年に軽視庁「ばぁちゃん膀胱からもれだす尿から子どもどもを守る研究会」構成員としての改造手術を受ける。1号・2号にはなかったダブル膀胱タイフーンベルトの実装で、より強力な膀胱を手に入れた。

八代英輝と見た目はクリソツな気がするが、それは八代も「ばぁ膀糞ども」の改造構成員であり、八代こそ1号であるからである。そのため両者とも肌が浅グロい。八代の方がエリートであり、テレビに露出しても、分をわきまえた行動を行なっている。生徒に手を出したりしない。教師ですらない。弁護士である。

生徒に手を出すのが大好きである。このことは当初暴行を加えるという意味のみに捉えられていたが、教え子を毎晩寮から連れ出した挙句に結婚というエロゲー顔負けの事実が知れ渡り、性的な意味でも手を出していたと判明した。正に、「右翼思想を信じて、子供に厳格でいれば、もっと中二病なことをしても許される」の原理を体現する人物である。

いじめに積極的で、時には子供にいじめてもいい対象を積極的に指示する。いじめのせいで不登校になったら、その生徒のパソコンを壊すよう親に厳命する。パソコンという社会への窓を失った生徒はまず症状が悪化して自殺するだろうが、その指導の真実に目覚めた親が抗議すると、「俺の引き立て役にならねえってのか」と親もろとも炎上させる。

そのため、いじめられキャラとして全国の女子高生諸君から愛されている伊集院光は、産まれたての子やぎのようにおびえている。趣味は家庭内プロレス

つまりどういうことかっていうと、自民党クラッシャー。永田町では自民の義家、民主横峯とも称される。共通していることは売国奴ということだ。


関連項目[編集]

  • 教育再生会議 - 元内閣官房教育再生会議担当室室長…って長いわ!

外部リンク[編集]