翔鶴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
当時最先端の空母翔鶴
艦歴
起工 1937年 12月12日
進水 1939年 6月1日
竣工 1941年 8月8日
喪失 1944年 6月19日
性能諸元
排水量 25,675t
全長 257.5m
飛行甲板 242.2m
出力 160,000hp
最大速力 34.2kt
巡航速度 18kt
航続距離 9700浬
乗員 1600名
搭載機数 84機
兵装 40口径12.7cm連装高角砲8基

翔鶴(しょうかく)とは、大日本帝国海軍航空母艦、翔鶴型航空母艦の1番艦である。世界の艦船に名立たるシスコンとして認知されている。

概要[編集]

翔鶴型航空母艦は同型艦が翔鶴と瑞鶴の2隻しか建造されなかった。言わば翔鶴と瑞鶴は双子の姉妹艦である。

翔鶴型は、竣工当時の1941年では空母技術の集大成を集結して建造された最新鋭の空母だった。姉妹艦ということもあって、真珠湾攻撃以来、翔鶴は妹艦瑞鶴と第5航空戦隊に所属し常に行動を共にすることとなる。

翔鶴と瑞鶴は数々の海戦を通して武勲艦と知られるようになるが、主に目立っているのは被損害の少なかった瑞鶴である。これは、戦闘時はいつも翔鶴がを庇い続け、出撃すれば必ず被弾したからである。そのため、翔鶴は「損害担当艦」あるいは「被害担当艦」という不名誉な名で呼ばれることもあったが、むしろ身体を張って妹を守った結果でありシスコン冥利に尽きるというものである。

結局、翔鶴は最後まで妹の瑞鶴を守り、先に戦没することとなった。

戦歴[編集]

昭和12年(1937年)に起工、真珠湾攻撃直前の1941年8月8日に竣工し、妹艦の瑞鶴と第5航空戦隊を結成した。

1941年の真珠湾攻撃では新造艦であることからお荷物扱いされ、最近の若者は……というお決まりのお小言と共に簡単な水平爆撃任務を受け持った。真珠湾攻撃後は艦載機が削減されるというお達しが下り、攻撃力に若干の不安を抱えつつ任務に従事することとなる。

翌1942年のラバウル攻略やセイロン沖海戦では相手を一方的に痛みつける戦果を挙げる。その後珊瑚海海戦では米空母レキシントンを撃沈するなどの武勲に恵まれたが、同時に命中弾を受け修理に手間取り、ミッドウェー海戦への参加に間に合うことはなかった。

空母4隻を喪失したミッドウェー海戦の後、翔鶴型は帝国海軍の主力空母となる。しかし、続く南太平洋海戦でも翔鶴は妹を庇うように大損害を被った。このとき姉妹艦の瑞鶴は一発も被弾しなかったため幸運艦と呼ばれるようになるが、その影では翔鶴が身を挺して妹を守ろうとしていたことを忘れてはならない。

そして、昭和19年(1944年)のマリアナ沖海戦、翔鶴は米潜水艦から魚雷4発を受け沈没。その直後、姉の加護を失った瑞鶴は初めて被弾する。

その後、翔鶴の後を追うようにして、妹の瑞鶴もレイテ沖海戦で没した。

瑞鶴との違い[編集]

翔鶴と瑞鶴は瓜二つの双子であり、ナチスの最新技術を用て造られたクローンではないかという説が冗談めかして言われるほどだった。実際には翔鶴は建造初期に設計が変更され、計画段階で変更となった瑞鶴と若干内部構造が異なっているが、外見は艦載機の搭乗員でさえ識別が困難なほどだったという。

そのため、両艦を識別する方法として飛行甲板にカタカナ一文字を書いたとされている。これは漫画で良く用いられる記号化の手法であり、リボンの色を変えたり髪形を別々にしたりすることで双子を書き分けるのと同じであると言われている

だが、自分と同じ姿形の人間がいるというのは時として精神に大きな影響を与えることがある。帝国海軍はその辺りの認識が甘く、なまじ翔鶴と瑞鶴をいつも一緒に行動させていたにも関わらずメンタルケアを怠った。結果、翔鶴は妹に特別な親愛の情を示すようになったのである。

一応、聞こえが良いように言えば「この世にたった2人だけだからこその絆」だが、実態は不明である。

関連項目[編集]