聖悠紀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

聖悠紀(ひじりゆき)は、1970年代、日本に密輸入されたコビトカバの一種である。学名:ケイサ・イシツブス・デンノウ・カバ。1997年に侵略的外来種として指定された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「聖悠紀」の項目を執筆しています。

概要[編集]

近年撮影された聖悠紀。更に日本の環境への適応化が進んでいることが分かる

本来は外来種であり、1970年頃(一説では1972年)、日本に密輸入され、そのまま帰化。密輸入ルートは長きにわたり不明とされてきたが、近年、中国ないしは朝鮮半島経由で日本海側に渡ったという説が有力視されている。

体高は4足歩行時0.7Hyde、2足直立時1.1Hyde。体重は不明だが、あくまでカバであることとその外見からかなりの重量があるものと思われる。4足歩行は中での行動と寝起き以外ではみられず、行動時はそのほとんどを2足で歩行している。前足は普通のカバと変わらない構造であるにもかかわらず、人間とほぼ同様に器用に道具を使いこなす。また人語を理解するなど、高い知能を有していることも確認されている。このため、ムーミンと何らかの因果関係があるものと疑われているが未だ確証は得られていない。

生態[編集]

水中の行動も可能であるが、陸上の生活に適応化したため、睡眠時を含め日常生活の大半は陸上で過ごしている。しかし、水そのものを嫌っている様子はなく温水に関しては自分からすすんで入る事もあるようだ。陸上での活動は非常に緩慢で椅子に座ったまま何時間も移動しない事が多い。

来日当初は特撮及びアニメのコミカライズを主食としていたが、後に同人誌によってオリジナル作品の捕食を覚え、以降これが主食となる。特に、「何があっても絶対に死なない上にに等しい問答無用な超能力を持ったキャラが主人公の漫画」を摂取可能になったことで、完全に日本の環境に対応。現在に至っている。

蓄害[編集]

外来種故に国内での繁殖が確認された後、在来種への悪影響など各地で問題が発生しており、侵略的外来種として一部地域では駆除計画も進められているが、その知能の高さ故に捕獲の成功例は皆無である。

基本的には雑食であり、その大きさから分かる様に種としてはそれほど強い部類ではないのだが、現在の日本ではが絶滅していることもあり、天敵といえる大型捕食動物が存在しないことに加え、上記のように捕獲駆除が難しいことから、一度、聖悠紀に住み着かれるともはや有効な対処方法はなく、それら地域の大半が廃刊に追い込まれる生態系を致命的なまでに破壊されることになる。

これまで聖悠紀の侵入を許した事により、生態系が破壊され荒野と化した地域は数え切れず、現在、日本国内では神崎将臣と並ぶ代表的な侵略的外来種として登録され危険視されている。
だが近年、駆除捕獲は無理でも、繁殖の抑制と隔離に関しては一定の成功をおさめつつあり、致命的な被害だけはおさえられるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Tokusatsu-stub 今、「聖悠紀」は文章がつまらなすぎる。君の助けが必要だ。

さあ、今すぐ加筆してくれ! (Portal:スタブ)