聖白蓮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
聖白蓮
聖白蓮.jpg
基本資料
本名 聖白蓮 
通り名 封印された大魔法使い、聖☆おねえさん 
身体情報 髪の毛はグラデーション 
職業 クレリック、ウィザード 
好物 平等 
嫌物 妖怪の脅威になる聖人 
所属 命蓮寺
親戚等

命蓮(
ナズーリン雲山&雲居一輪村紗水蜜寅丸星封獣ぬえ幽谷響子 (同居)

聖 白蓮(ひじり びゃくれん)は、白蓮教の教祖である。現在は幻想郷に移住し、命蓮寺僧侶をしている。

東方星蓮船にも出演しており、6面ボスである。テーマ曲は『法界の火』と『感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind

特徴[編集]

長らく諸事情により活動を休んでいたが、星蓮船出演を果たすと同時に白蓮教の布教を試み始めた。彼女が教祖となる白蓮教の最大の特徴は「絶対平等主義」であるということ。大抵の宗教は「全員が平等である」と言っておきながら「暴力をふるっていいのは、異教徒と化け物だけです」といった主義に基づき、異教徒や妖怪に対する嫌悪感が目立つといった矛盾点が生じていることがある。

ところが聖お姉さんは違った。彼女の「絶対平等主義」という言葉の前には人間や妖怪、異教徒はもちろんのこと、一般人、虫けらや下等生物、ミジンコ変態という名の淑女、これらすべての存在が皆平等であり、神の加護を受けるべきであると主張しているのである。

何とも素晴らしいお方なうえにかなりの美貌であることから、ぜひともお目にかかりたい人物ではあるが、彼女は現在幻想郷と呼ばれるところで布教活動を行っているため、直接会いに行くのは難しい。海もなく、森といえば「魔法の森」を指すくらい狭いと言われる幻想郷でなぜ活動を行っているのか、それには現在の幻想郷の状況に関係している。

現在幻想郷では、マルキューマルキュー言われ馬鹿者扱いされている妖精の他に、GKBRの仲間と間違われ続けている蛍の妖怪、友達が誰1人もいない孤独な人形師、NEET呼ばりされネタキャラ化されたお姫様、ホームレスな焼き鳥屋など、種族を問わず不幸な目に遭っている女の子たちがたくさんいるのである。彼女たちが全て白蓮教の元で救われない限りは、聖お姉さんは今日も幻想郷で頑張り続けるのである。

能力[編集]

魔法を使う程度の能力(身体能力を上げる魔法を得意とする)[編集]

いわゆるスクルトとかバイキルトとかピオリムとかの類である。つまり、レベルを上げて物理で殴ればいい真理に従い、魔法(物理)の効果を持つ。 ちなみに能力を使わない時の身体能力は普通の人間と変わらない。

そして東方心綺楼では胸部の強化に成功した。一見闘いに不利に思われる容姿に見えるが、このゲームでは人気度というシステムがあり、信仰が高ければ有利に働くのである。 彼女の胸が揺れるたびに人気度は鰻登りなのである。いいぞもっとやれ。

魔法がかからなければ普通の人間と変わらないのでそこを襲えと阿求は記している。 しかし、彼女ほどの達人となればそんな隙などおいそれとは見せないものである。 強いて挙げれば入浴時就寝時などである。そしてそのことを実践し、記したが多数出版されている。

来歴[編集]

幻想入り以前[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白蓮教」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紅巾の乱」の項目を執筆しています。

今は幻想入りして僧侶をしているが、幻想入りする前は実は教祖をしていた。南宋時代の中国は、皇帝が権力を失い、国内は荒れに荒れ果てていた。そんな乱世を立て直そうと立ち上がったのが白蓮と弟の命蓮である。二人は信仰の力で平和を取り戻すべく、白蓮教を創始した。命蓮は伝説の僧侶であり、もともと人々からの信頼は篤かったため、信仰を得るのも容易かった。しかし、それが逆に戦乱を呼び寄せてしまうことになる。紅巾の乱である。教徒の一部が暴徒化し、あろうことか各地で反乱を起こしてしまったのである。白蓮と命蓮は反乱を抑えようと必死に説法を説いたが、暴徒たちには教祖である彼女らの言葉も耳に入らず、嘆き悲しんだ二人は幻想入りすることとなる。

幻想入り後[編集]

幻想入りした二人は、その平和な世に感激し、幻想郷に定住する決意をする。命蓮は外の世界で「伝説」と呼ばれたその法力を活かし、人々を救う活動を続けていた。白蓮は、しばらくは平和な世界で悠々自適な生活を楽しんでいたが、年老いたあと、命蓮に法力を学び(といっても実際には命蓮の法力に満たされた飛倉で暮らしていただけであるが)、白蓮はすぐに法力を身につけた。ところがそんな時、命蓮が急逝してしまう。その死を嘆き悲しんだ白蓮は若返りの力を身につけ、死を逃れようとした[1]。しかしその力はもはや法力と呼べるものではなく、すでに妖術や魔術の類であった。

白蓮は妖怪に加担した。最初は自分が得た若返りの力を守るためだったが、そのうち虐げられた立場に置かれた妖怪を救うことが目的も変わっていった。表向きは妖怪退治をしていても、裏では妖怪を助けていた[2]。しかし人間とは残酷なものである。白蓮が妖怪を助けていたことが発覚すると、彼女自体は全く人間たちに害を与えていないにもかかわらず、「妖怪を助けた」ただそれだけの理由で、人間たちは彼女を魔界に封印してしまったのである。

魔界時代[編集]

魔界封印後から現代までの彼女については、よくわかっていない部分が多い。ただし神綺がいたあの魔界とは同じものであるらしく、スペルカードの交換などの交流はあったようだ。

現在[編集]

実に1000年近く魔界に封印されていた白蓮であったが、ひょんなことから封印が解かれることになる。きっかけとなったのは、地霊殿の物語で語られたあの間欠泉騒動である。この騒動に乗じて村紗水蜜(以下ムラサ)が地上に脱出し、過去自分を助けてくれた恩返しにと、白蓮の復活を試みたのである。この試みに関しては話せば長くなるので割愛するが、最終的に成功し、白蓮は約1000年ぶりに封印を解かれ、地上に帰還する。

復活後は人間の里の近くに命蓮寺を建立し、現在は僧侶として、再び悠々自適な生活を送っている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

人物[編集]

僧侶であるためか、性格は非常に温厚であり、人間とも妖怪とも同じように接することができる。過去のことはあまり気にしておらず、自らを封印した人間たちに対しても[3]、復活の邪魔をした封獣ぬえに対しても、それほど悪い感情は抱いていない様子である。基本的にはしっかりしているが、少々天然なところもあり、命蓮寺を建立した際の案内状には、ハートマークを大量に書いていたりする。そこまで説明すれば、この方が非常に穏和で優しい性格のお姉さんだと分かるだろう。だが、戦闘では最終ボスであることもあってか全くと言っていいほど手加減が無い。難易度が「Easy」でも見方によっては全然易しくないのである。絶対平等主義者であるがゆえに、難易度に対してもまた平等であるという事なのだろう。

髪にはこだわりがあるようで、膝までの長いロングヘアーの左側が直毛で右側は巻き毛であり、さらにグラデーションがかかっていて、上は青っぽいが下に行くほど黄色っぽくなる。どんな魔法を使えばそんな髪型ができるのだろうか。元ヤンのように昔は金髪に染めていたとも考えられるが。ちなみに、もしもグラデーションがかかっていなかったら水銀燈と非常に紛らわしいことになっていた。実は聖お姉さん本人が何らかの種族と種族の混血であり、絶対平等主義を貫くことで半妖である森近霖之助のような混血種を増やそうとしているのだと考えられる[要出典]

魔法はいつも携帯しているエア巻物に書かれているらしいが、エアギターとは違い、実際に魔法を発動することができる。また、それ自体がスペルカードにもなっていて、弾幕も発生させることができる。

交友関係[編集]

星蓮船組[編集]

東方星蓮船に出ているメンバーのほとんど[4]とは、聖輦船[5]を改造した命蓮寺でほのぼの暮らしている。ただ、あのメンバーで何も起きない訳がなく、静かに暮らしているわけではなさそうだ。

魔法使い組[編集]

魔法使いである霧雨魔理沙アリス・マーガトロイドパチュリー・ノーレッジにとっては1000年以上生きている白蓮は大先輩であり、特に魔理沙にとっては親代わりとなりうる存在である。また、白蓮は彼女らが得意としない(弾幕ごっこに使っていない)身体強化系の魔法を得意とするため、魔法使い組3人に魔法を教えるようなこともありうる。優しい白蓮のことなので、魔法使いでなくても、画面の前にいるあなたでも、頼めば教えてもらえるだろう。

守矢神社組・神霊廟組[編集]

アンチ仏教であり、道教信者として知られる豊聡耳神子率いる神霊廟組との仲はよろしくないようだ。神子とは求聞口授での会合でらしくない挑発合戦を行なっており、一触即発の場面を何度か作り出している。一方、八坂神奈子率いる守矢神社組とはそこまで険悪ではなかったようだ。白蓮とはそれぞれ宗教を生業とする競争相手となるので、ライバルの動向には常に神経を張り巡らせているようだ。

悲劇[編集]

誰もが1度は遊んだあることがあるかもしれない脳内メーカーにて、その聖お姉さんの脳内の何百パーセントが優しさで出来ているのか「聖白蓮」と空白無しで入力して検討してみた。するとなぜか頭の中が「」のことで一杯という、常識の通用しない幻想郷でも驚きの結果が表示された[1]。「嘘だ!」と叫んだある若者は前世の脳内メーカーでも同様の検討をしてみた。すると、前世の記憶は「銭」要するに金のことで埋め尽くされており、頭の中には「愛」の「あ」の字が1文字も表示されていないのだ。もちろんここはアンサイクロペディアなので信じるか信じないかはあなた次第だが、あまりにも悲惨すぎる結果である。いや、待て。あの聖お姉さんのことだから何か考えがあるのかもしれない。ひとまず考えられることを挙げてみよう。

お姉さんが金に執着心を持つ人だった。
いや、はっきり言うがありえない。東方Projectに登場する様々なキャラクターの中でも随一の良識派であり、あれほど優しいお方が実は守銭奴でした、何てオチは流石に笑えないことである。
もしそうだとしたら世の中疑心暗鬼になってもおかしくはないだろう。
寄付金に困っていた。
白蓮教はまだ布教が始まったばかりである。全ての人間を救うためには献金が当然必要になってくることである。
つまり聖お姉さんは頭の中が金で埋め尽くされるほどお金に困っていると解釈すればまだ納得がいくかも知れまい。ただ、先程も言ったように「愛」の「あ」の字が一文字もないとなると疑問が生じることもなくはないだろうが……
その脳内メーカーの結果はあくまで嘘。
まぁそれが尤もな回答ではあるが、流石にこの検討結果は笑うしかない。

最後に[編集]

君も差別される側の人間になって見ればわかることではあるが、絶対平等が叶うこととなればどれほど幸せなことであろうか。だが、前述のように聖お姉さんはお金に困っているかもしれないので、少しでもいい。白蓮教の信者となって献金に協力してあげよう。ただし、あんまりやり過ぎると博麗神社の巫女が賽銭箱のお金の少なさに嫉妬してしまうので、献金は平等にしてあげようね♪

脚注[編集]

  1. ^ 若返るだけなので、不慮の事故などでは多分死ぬ。しかし、あれだけ強いので不慮の事故があってもなんとかなりそうである。
  2. ^ ムラサや星とは、その頃に知り合ったらしい。
  3. ^ ただし、本人は封印された1000年前と現在とは状況が変わっていると感じているようだ。
  4. ^ ただしナズーリンと小傘を除く。断じて仲間はずれにされたわけではない。
  5. ^ 白蓮を乗せるための光の。ムラサの命名らしい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「聖白蓮」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「聖白蓮」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「聖白蓮」の記事を執筆しています。