職業洗濯の自由

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「職業選択の自由」の項目を執筆しています。

職業洗濯の自由(しょくぎょうせんたく-じゆう、Free of Job laundering)とは、基本的人権の一つである。

概要[編集]

日本国憲法第22条第1項において

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

とあるように、日本国民の自由として数多く認められた権利(自由権)の一つである。

自分が望む職業に就くことが認められている一方で、自分が望まない職業に就かないこともまた認められている。そして、自分が望まない職業に就かねばならなかった過去をなかったかのようにすることも禁じられてはいないのである(少なくとも法律に規定されていないため、罪には問えない[1])。

行使[編集]

一般的に履歴書には自分の学歴職歴を記入する欄が設けられているが、そこに虚偽の経歴を記入し、その証明書類を提示すると、私文書偽造の罪に問われることもあると言われている。しかし、その一方で過去の(特に自分にとって都合の悪い)経歴を書かない(キレイにしておく、洗濯してしまう)のも、また自由である。万が一バレてしまった場合でも、虚偽の記載をし、虚偽の証明をした「私文書偽造」が解雇(労働者の場合)や退学・除籍(学生の場合)の正当な理由になるのに対し、事実を記載しなかった場合はあくまで「過失(わざとじゃない、忘れていた、など)」としてその責任が問われることはない(解雇や除籍の正当な理由とすることが出来ない[2])が、権利行使者に対する信用が失われてしまうのは覚悟しておくべきである

結論[編集]

経歴はしっかり洗おう。些細な洗い残しが命取りになるかも知れない。

脚注[編集]

  1. ^ こうした法律に抵触するギリギリのズルい行為は脱法行為と呼ばれる。
  2. ^ 悪意の程度による。あまり露骨だと裁判負けてしまうかも知れないので注意が必要である。

関連項目[編集]