肩たたき

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

肩たたき(かた-)とは、疲労困憊した対象に手刀を振り下ろす、日本武術の一種。転じて、経営者等が年齢的に疲れていると主観的に判断した従業員や被雇用者に退職を促すしたり解雇を示唆する合図、または誘惑の隠語としても使われる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「肩たたき」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この武術は日本において起源があるとされる。諸外国においてこのような武術は存在することは少ないとされている。この点より日本発祥という理由とされることが多い。

一方でこの武術が日本発祥ではないとする説も存在する。これは鎌倉時代おける一騎打ち日本独自武士道に対し、肩たたきが反するものであるからである。具体的には (1) 健康が万全ではなく、疲労困憊した相手を攻撃すること (2) 攻撃する際は、大概背後からである (3) かならずしも攻撃という武術本来の目的ではなく相手の疲労を癒す意味もある、ということなどである。


しかし、経営者等が従業員の疲労を癒すような合図をしながら実際には解雇を示唆しているというところに武術本来の攻撃的側面のなごりが残されている。そのため従業員は裁判とか労働組合とかを結成して対抗しようとすることもある。

このように発祥に対する解釈が分かれるこの武術であるが、現実の日本において、広く浸透しているとされている。

肩たたき拳[編集]

この武術の珍しい一面として、子が親に伝授するという点が挙げられる。

通常、武術ないし継承の要素をもつものは、経験豊かな年長者からそうではない若輩者へと受け継がれていくのが通常である。しかし、この武術の場合、本来未熟とされる子供から大人へと、この拳は渡っていくのが通常である。それどころか、祖父祖母に伝授する例も決して少なくない

このような特殊性を持つ理由としては以下のようなものが挙げられる。

(1) 形式的伝授説
いわゆる儀式的に伝授を行うというものである。この儀式の内容は、若輩者から肩たたきを受けることで、「若い者を侮らず常に慎ましく邁進すべし」という戒めであるということ、もしくは「親殺しの一環」であるとされるのがよく言われる定説である。
(2) 稽古説
伝授云々に見えるのは実は肩たたきが稽古であるというものである。親など年長者は真の肩たたきを身につけているがゆえに、その練習台となっているというのがこの説である。いわゆる「自分がどれくらい理解しているかを試すには、人に教えるのが最も良い」というやつだ。
(3) 伝授説
この伝授が意味どおり本当に伝授するためにあるというものである。つまり、日本人は年を取るごとに、肩たたきを忘れていってしまうというものだ。これにおいて、若い者ほど肩たたきを覚えているというのなら、日本人は生まれながらにして肩たたきを本能的な行動として身につけていることとなる。またなぜ年を取ると本能的にあるはずの行動を忘却していってしまうのかは説明がつかない。

儀式の日時[編集]

肩たたきは父の日母の日敬老の日などに行われる傾向が強いとされる。場合によっては勤労感謝の日に行われる傾向もあるという。

どの説を支持するにせよ、肩たたきは子供のやることである。しかしながら、肩たたきが日本人が本能的に刷り込まれていることであるという仮定からすると、大人であれ肩たたきの訓練を誰かにしたほうが良いかもしれない。それはもしかしたら、大人になって忘れてしまった本能的に大事な何かを取り戻すことにつながるかもしれないのだから。

[編集]

女性男性に対して使うと絶大な威力を発揮するが、男性が女性に対して使うと男性は絶対に負ける