肩パン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肩パンとは、現代の若者に超流行中(もうじき死ぬ)の、足が長く見えるファッションである。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「肩パン」の項目を執筆しています。

肩パンの仕方は実に簡単であり、ズボンをずり上げてがちょびっとだけ見えるようにする、たったそれだけである。これは、「自分はパンツをはいているんだ」というカッコイイ事実を証明することに意義があり、この考え方は明治時代後半の、文明開化(文化大革命とも言う。。。ないか)に由来する。文明開化以前、日本[にはパンツをはく習慣がなかった。このため、「文明」というちょっとだけ響きのカッコイイモンが入ってきたことは、パンツをはくことがカッコイイもんなんだ、という考え方を人々に植え付けたのである。その後、日本は普通の帝政国家となり、普通に国を発展させて、普通に戦争に負けて、でもってもっかい普通に国を発展させて、普通の生活を皆が送れる国になった。しかし、現代の若者には愛国心なるものが再び芽生えだしはじめてきており、インターネットなどを通じて発展したあまりにも歪んでしまった愛国心が、文明開化の良き時代を重んじようという考え方を生んでしまった。肩パンはそれの極めて代表的な例である。

肩パンをしようぜ[編集]

一般的な肩パンファッション

肩パンにはいくつかファッションとしての例があり、すべてがすべて同じというわけではない。これからあげるものがその中の代表的なものであると考えてよかろう。

肩パン[編集]

普通の肩パン。普通というのがどのくらいのことかというと、普通っぽいもののことである。

メガ・肩パン[編集]

「そこ肩じゃねえだろ」と思わず関西弁にも負けないツッコミをしてしまいそうになるほど、スボンを上げすぎた痛々しい肩パンを指す。超・肩パンとか顔パンとかいろいろ名前がある(かも)が、そこのあたりは自分でなんとかしてくれ。どの名前も限りなくフィットしてるはずだから。

頭パン[編集]

「おまえそれ頭パンジャン」と思わずへたくそなツッコミをしてしまいそうになるほど、見事に頭が隠れるあたりまでズボンがずれている肩パンのことをいう。言ってみれば黄金比ならぬ白銀比のあたりをイメージしてくれたらいいだろうと思う。上のメガ・肩パンの概要に「顔パン」とあるが、そっちは違うので信用しない方がいい。まぁどぉでもいいけど

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
あとは編集したい節(数字)】 適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)