背中

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「背中」の項目を執筆しています。

背中(せなか)とは、あれのように状況によって大きくなったり小さくなったりする(ように見える?)、体の一部である。

概要[編集]

人間を始めとして頭のいい高等動物にはかならずついている。範囲は人間だと首から尻までくらいで、人によって大きさが違う。ほどではないが、異性とイチャイチャするのに大きいと便利である。

人間の場合、目が前についているため背中を見ることは殆どできない。そのため背中を敵に向けると、特大の隙を晒すことになる。さらに背中は大抵鈍感なため、変なこと(あれこれそれあれ)を書いた紙を貼られ、それに気付かないことでいじめに発展してしまうことがある。蹴られたって気付かないかもしれない。やはり背中を狙われると危険だ。

大きさの基準[編集]

明確な基準が無いが、背中は大きい方がいいというのが一般的な説である。なぜならば、男女問わず異性にとって安心感が生まれるからである。安心感が生まれる理由はよくわかっていないが、一説には背中に乗っかっておんぶしてもらえるからだとも言われている。つまり、自分をひっぱっていってくれそうな気がするのだ。

このような巨背(きょはい)の方がいいという人の方が多いと思われるが…やはり巨乳の逆で貧乳があるように、貧背(ひんはい)の方がいいという人も少なからず存在する。その人たちは、小さければ小さいほどいいだとか、自分がひっぱっていけるというような考え方のようである。そしてあわよくば洗脳することだろう。

大きさが変わる[編集]

背中の大きさなんて変わるわけないじゃないか…と思う人もいるが、どうやら変わることもあるようだ。今までにさまざまな研究結果が提出され、場合によっては変わる、らしい。

これが実際に変わっているのか、虚像なのかは現在も研究中でありわかっていない。また、自分では気付かないうちに背中を大きくしていたり小さくしていたりする人もいるようである。(しかし背中は鈍感なので本人は気付かない)

何かが生える[編集]

人によっては背中に何かが生えてきたりする。ネギませっちゃんとかは白い羽が生えてくる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


この項目「背中」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)