能登町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「能登町」の項目を執筆しています。

能登町(のとちょう)は、能登地方に位置するである。 周知の事実だが加登長ではない。なお、一見誤記にも思えるが能登超は正解である。

概要[編集]

昔は七尾市輪島市を凌駕する能登最大の都として繁栄する予定で『能都町』と表記されていたが、案の定実現することはなく寂しくなる一方だったので素直に『能登町』と表記を変えた。同時に家の裏にあった町ブルーベリー村も配下に治めてしまった。

上記のごとく過疎化が進んでおり、現在の人口は2万程度か。もはやお隣の穴水町と合併でもいいのではないかとも考えられる。能登最大の都となることは諦めたので、2013年頃からは能登を超える超能登、すなわち「能登超」を目指している模様。

この町では古くからある文化が継承され、町民の家は竪穴式住居であり、食器などには全て縄目の模様がついている。名産品はブルーベリー



能登町かわいいよ能登町。

交通[編集]

鉄道[編集]

のと鉄道能登線宇出津駅があるにはあるけど・・・。

バス[編集]

昔は北鉄バスJRバスが競合するくらいバスの栄えた土地だった。しかしやっぱり寂れていくのでJRバスは競争に負け、金沢に帰った。それからますますバスは衰退するが、ある出来事を境に突然路線や運行本数や新型車が増えた。過疎化に歯止めがかからない地方なのに急に成長を遂げたため全国の自治体関係者やバス事業者が視察に来ている。 その北鉄バスもほとんどが飯田高校や能登高校に通学するためか、高齢者が病院に行くかにしか使用されない。次のバスが1時間後などは当たり前の光景である。

道路[編集]

穴水珠洲道路
いつの間にやらできていた能登有料道路の延長線上にあるバイパス。このバイパスのお陰で穴水から宇出津や珠洲が驚くほど早く楽に結ばれるようになった。

空港[編集]

能登空港
意外にも能登町にも空港はちゃんとある。嘘だと思ったら調べてみなさい。

名所[編集]

縄文真脇温泉
内湯は薄暗い。露天からは海が見える。小さくてぬるい源泉風呂もあるが誰も入ってなかった。
なごみ
海が見える温泉。
藤波台運動公園
日本一でかい室内テニス場があり、ミュージカルテニスの王子様も毎年ここで公演されている。
遠島山公園
遠いところにある島の公園。九十九湾の遊覧船に乗っていく。
恋路海岸
恋人たちの聖地。真ん中の鐘を鳴らすと別れるとはよく言われる話。
カラオケキャビンエーワン
珠洲市にはカラオケがないため、カラオケをするには能登町松波にあるここに来なければならない。1~11番までの部屋が存在し、4番の部屋は最も新しいので、最新のボーカロイドの楽曲から若者向けのロック曲まで入っている。これは当たり前のことかもしれないが、ここ周辺にとってはすごく珍しいことなのである。

文化[編集]

あばれ祭り
毎年7月に行われる、七尾のデカ山に並ぶ能登最大級のイベント。他の地方ではとにかく喧嘩しまくる「けんか祭り」なんてのがあるが、遠く及ばない。とにかく暴れ暴れ暴れまくれー!!なイベントである。能登最大の都になれないのは多分この祭りのせい。近年、暴れすぎて線路を剥がしたバカのせいで町を走っていた鉄道が廃止になってしまったという事例もある。それにちなんだ戦隊ヒーロー松平健が招待されたこともあったが、町民の見事なまでの暴れっぷりにかなわず退散してしまった。

関連項目[編集]


この項目「能登町」は、執筆者が職人だった可能性もありますが、このままでは未完です。究極の一品に仕上げて下さる同業者を求めています。 (Portal:スタブ)