出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「」の記事を執筆しています。

とは、女性の腕と胴体の境目にある器官。及び肛門と並び、三つ目の女性器[1]と讃えられる。

概要[編集]

両腕が胴部から分かれ出る辺りの内側に存在し、骨組織や筋繊維配置の都合上「穴」にはなっておらず凹みとなっている。膣周辺と同じく、第二次性徴を迎える頃には陰毛が生え初め、また膣分泌物に近い成分を放出するようになる。毛細血管が詰まっている場所でもあるため非常に感覚が鋭敏になっており、指先でなぞったりすると快感を堪えきれず吹き出してしまうケースも多い[要出典]

キレイに陰毛が処理された腋。

膣や肛門と異なり非貫通部位なので内部からの排出行為がなく、また前腕の可動効率上パンティの類いを纏わせる事は少ない。夏場など分泌物が増える時期には腋用ナプキンを用いる事もあるが、そうしない場合は通気を良くして臭気対処に換えるケースがほとんどである[2]。尚日本を中心としたアジア圏では、腋の陰毛も他の部位と同じように処理することが一般的なマナーとして教育されている[要出典]

腋を用いたセックスも行われているが、これは法的には「疑似性交」に当たる[3]。女性側が腋を広げた処へ亀頭を擦り付けるパターンや、逆に腋を締めた処へ挿入し竿を挟み込んで射精へ導くパターンなど様々な手法が存在する。いずれも妊娠の可能性がないセーファーセックスとして好まれているが、こういったセックスに慣れすぎた男性が膣内射精障害に陥るケースが報告されている。

腋による性行為における出産例と宗教的信仰[編集]

釈迦の母である摩耶夫人は世界初の腋での出産に成功しており、右腋から釈迦を産んだとされている。 そのため、腋信仰が生まれ、後述の呼称問題をはじめとする議論の火種にもなった。

[編集]

男性における腕と胴体の境目、或いは女性であっても性的なニュアンスを含まない場合にはこう表記する。また人物姓や地名などに使われる場合はこの字が一般的。更に「側にいる/ある」「横」を表現する場合もこちらを使用する場合が多い。

一部の男性にとっては男性の「脇」も性的な意味合いを持つことがあるが、その場合にはやはり表記は「腋」になる。ただしこの例で「腋マンコ」と呼ぶことはまず無い[4]

呼称問題[編集]

実はこのワキの表記を巡って激しく議論されたことがあった。

  • 脇より腋の方が液を連想して性的魅力を感じる。
  • 腋の漢字をバラすと「月夜」となるので魅力的。

などの理由により性的に優れたワキを「腋」それ以外を「脇」と表現するようになった。しかし未だに脇派も根強く、「脇役」などにその名残が見られる。

ちなみに「掖」や「𪚲(月偏に亀)」と表記する場合もあるが、まったく世間的には浸透していない。

脚注[編集]

  1. ^ 俗に「腋マンコ」と呼ばれる。
  2. ^ 腋は肛門と同じく、法的には性器として扱われていない。また肛門ほど不潔ではないため公然開示に罰則が存在しない。
  3. ^ そもそも民法における「性交」とは、女性器男性器を挿入する行為のみを指す。
  4. ^ 肛門をケツマンコと呼ぶにも関わらず、何故か腋に関しては推奨されない。理由は不明である。

関連項目[編集]


この項目「」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。