腕魂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

腕魂(うでだましい)とは、秘密結社アトラスが開発した自動腕折りマシーンである。

概要[編集]

このマシーンは表向きは腕相撲ゲームであるが、本来の目的は腕をバキバキに折ることにある。またこのマシーンは秘密結社アトラスの兵器のひとつであり、中には怪物小川直也が潜んでいる。序盤はマシーン相手に楽勝楽勝ヘイヘーイ!な気分を味合わせ、途中で小川直也が腕を出し、伸びた鼻もろとも腕を折るのである。

役目[編集]

表向きはあくまで腕相撲ゲームであるため、この自動腕折りマシーンは大抵、ゲームセンターに設置されている。

これは、ゲーセンで遊べるだけの金銭的余裕も持ち合わせ、外出だって自由気ままにでき、ともすれば交際相手が存在する有職者を主なターゲットにするためである。

そんな奴らの優越感をバッキバキに砕き折るために、腕相撲ゲームに偽装して製作・発売されたのである。つまり、どういうことかと言うと、お察し下さい

折られた者の苦痛[編集]

腕を折られた者の苦痛は、腕の痛みだけでは済まない。

  • ゲームをプレイするためにお金を投入したのに腕が折れた!
  • みんなが見てる前で腕が折れた!
  • 彼女の見てる前で醜態を!いればの話ではあるが

など、天狗がごとく伸びたに似つかわしく顔が真っ赤になる恥かしい思いをさせる。

外部リンク[編集]