腹の虫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

腹の虫(はらのむし)とは、世界中の人類の体内に最低一匹は生息しているとされている謎の生物であり、おそらく寄生虫の一種ではないかと考えられる。全世界に分布していながら姿や生態は全く不明であり、今後の研究の進歩が期待されている。

生態[編集]

生態は謎に包まれており、唯一判明していることは、の中に生息し、宿主が空腹や腹痛、ガス異常発生など、腹部にかかわる状態異常に陥ったときのみ鳴き声を出すことが知られており、その鳴き声は「ゴロゴロゴロ…」「グルグルグル…」など諸説あるが、一般的には「ギュルルルル…」「グゥゥゥゥゥ…」と鳴くといわれている。より強い空腹または異常状態に陥ると、鳴き声は大きく、長くなる傾向にあるとされている。また、胃酸が分泌される胃の中に生息している事から、極めて生命力の強い生物だと思われる。

姿について[編集]

腹の虫の姿を確認するために、腹の虫が鳴いた直後の人間をMRIで撮影したのち、胃の中を胃カメラで見るという実験が日本で行われたが、MRI画像には腹の虫と思しき物は何も映っておらず、姿どころか痕跡さえも発見できなかった。このことから「腹の虫には実体がないのではないか」「腹の虫は目に見えないほど小さい生物、つまり微生物の類なのではないか」など、様々な仮説が立てられたが、科学的に立証できるものは一つも存在しなかった。

寿命について[編集]

寄生生物であるゆえか、宿主が生きている間は生存していることが確認されている。宿主よりも先に腹の虫が死んでしまったという事例は今のところ確認されていないので、腹の虫は非常に長寿な生き物なのではないかと推測されている。

慣用句[編集]

腹の虫はかなり昔から存在していたようで、文献にこそ残っていないものの、「腹の虫がおさまらない」という言葉から古代の人々が腹の虫という存在を知っていたということを知ることができる。この慣用句は現在「怒りのはけ口が見つかっていない状態」を表しているが、正しくは「耐えきれないほどの空腹」をあらわす言葉だということを知る者は少ない。

関連項目[編集]

この項目「腹の虫」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)