臥薪嘗胆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「臥薪嘗胆」の項目を執筆しています。

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)とは、ドMな国王の治める2つの国が戦い合ったことを指すのだが、いつの間にか違う意味の故事成語として扱われるようになった。「十八史略」という書物に書かれていた。

内容[編集]

漢文だと分からないとおもうので書き下し文を紹介する。それでも分からない人のために現代語訳もついでに書く。

臥薪
呉王闔盧、伍員を挙げて国事を謀らしむ。員、字は子胥、楚人伍奢の子なり。奢誅せられ呉に奔り、呉兵を以いて郢に入る。
呉越を討つ。闔盧傷つきて死す。子の夫差立つ。子胥復たこれに仕う。夫差、仇を復せんと志し、朝夕薪中に伏し、出入するに人をして呼ばしめて曰く、「夫差、而(なんじ)越人の而の父を殺ししを忘れたるか」と。
周の敬王の二十六年、夫差越を夫椒に敗る。越王勾践、余兵を以いて会稽山に棲み、臣となり、妻は妾とならんと請う。子胥言う、「不可なり」と。大宰伯嚭越の賂を受け、夫差に越を許さしむ。


呉の王の闔盧は伍員を登用して内政を任せた。伍員の字は子胥といい、楚の人の伍奢の子である。伍奢が濡れ衣を着せられて殺されたあと呉に逃げ、呉の兵を率いて郢(楚の首都)を陥落させた(復讐を達成した)。
呉は越と戦った。闔盧は傷ついて死んだ。息子の夫差が跡をついだ。子胥も夫差に仕えた。夫差は復讐心を忘れないように薪の上で寝、部屋を出入りする際は「夫差、お前は越の人間がお前の父を殺したのを忘れたのか」と言わせた。
紀元前四九四年、呉は越を夫椒というところで破った。越の王の勾践は敗残兵とともに会稽山に立てこもり、「私はあなたの家臣になりますし、妻は召使いとして差し上げます。(だから許して下さい)」と言った。子胥は「だめだ」と言ったが、呉の大臣の伯嚭は越から賄賂を貰っていたため、夫差に越を許すように説得した。
嘗胆
勾践国に反るや、胆を坐臥に懸け、即ち胆を仰ぎ之を嘗めて曰く、「汝会稽の恥を忘れたるか」国政を挙げて大夫種に属し、而して范蠡と与に兵を治め、呉を謀るを事とす。
大宰嚭子胥謀の用いられざるを恥じて怨望すと譖す。夫差乃ち子胥に属鏤の剣を賜う。子胥その家人に告げて曰く「我が墓に檟を植えよ。檟は材とすべきなり。我が目を抉りて東門に懸けよ。以て越兵の呉を滅ぼすを観ん」と。乃ち自頸す。夫差その尸を取り、盛るに鴟夷以てし、之を江に投ず。呉人之を憐れみ、江上に祠を建て命けて胥山と曰う。
越、十年生聚し、十年教訓す。周の元王の四年、越呉を伐つ。呉三たび戦いて三たび北ぐ。夫差姑蘇に上り、亦成を越に請ふ。范蠡可かず。夫差曰く、「我子胥を見る顔無し」と冒榠を為りて乃ち死す。


勾践は国に帰ると、苦い胆を寝室に懸け、それを嘗めて、「お前は会稽山で講和を請うという恥を忘れたのか」と言った。勾践は政治を大夫という身分の文種という男に任せ、范蠡(越の軍師)とともに兵を扱わせ呉を倒すため謀略を巡らせた。
大宰伯嚭は子胥が自分の策が用いられなかったことを恥じて恨んでいると中傷した。夫差はそれを信じて子胥に属鏤の剣というよく切れる剣を授けた。子胥はそれを見て家族に、「私の墓に檟を植えよ。檟は夫差の棺になる。私の目を抉って呉の東の門に懸けよ。越兵が呉を滅ぼすのを見る」と。そして自分の頸を刎ねた。夫差はその屍を馬のかわで取り、川に捨てた。呉の人々は子胥を憐れみ、その川に祠を建て、胥山と名付けた。
越は十年間で国力を充実させ、十年間で兵を訓練した。紀元前四七三年、越は呉に攻めかかった。呉は三度闘い、三度逃げた。夫差は姑蘇山に登り、講和を請うた。范蠡はそれを聞かなかった。夫差は「私は子胥に会わす顔がない」といって、死者の顔につける布を作り、自殺した。

意味[編集]

この2人の行為は自分を痛めつけることで復讐心を忘れないようにする、との解釈が一般的だが、それは間違いである。復讐心を人間は簡単に忘れない、ということをこの話はわざわざ説明してさえいる。そう、伍子胥の例である。この話には書かれていないが、彼は父だけでなく、兄も殺され、諸国を転々としている。そして、ついに楚に入った際、伍奢を殺した男は死んでいたが、わざわざ墓から掘り出して300回鞭で打ったのである。この文の中に子胥が何か苦しい思いをわざとしたという記述はない。ということは復讐心は簡単になくならない、ということは勾践はともかく夫差は子胥から聞いて知っているはずである。

なぜわざわざ苦しんだ?[編集]

もちろんドMだからである。昔、異常な性癖の持ち主はそのことを隠さなければならなかった。ましてや、一国の君主である。公然とMに浸ることはできない。そこで、自分が苦しい立場に置かれたのをいいことに復讐心を忘れぬため、との名目でハァハァし始めたのである。つまり、この故事成語の正しい意味は、ハァハァしたいならなんか理由を作ろうである。

夫差ドS説[編集]

しかし、子胥を殺した後に死体を馬の皮に詰めて棄てたという行為から実はドSだったらのではという説もある。しかし、これは俗説にすぎない。

余談[編集]

越からの賄賂を受け取っていた伯嚭は、呉が越に滅ぼされた際内通してたから救われ、恩賞ももらえると思っていたら金次第でどちらにもつく不忠者として処刑された。ざまあみろ!

関連項目[編集]