自家発電

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自家発電」の項目を執筆しています。

自家発電(じかはつでん)とは、エネルギーを使用する対象が自らエネルギーを産み出す行為の総称。対義語は商用発電。

概要[編集]

自家発電はエネルギー購入のコストを削減する為に行われる事が多く、ソーラーシステムやマイクロジェネレータ[1]を使用して内部機構起動用エネルギーを安価に入手するのが理想となる。商用発電によるエネルギーは量や質に勝るものの外部的な要因により入手が滞る可能性があり、安定したエネルギーサイクル確保を目的として行われる事も多い[要出典]

法人による自家発電[編集]

会社など業務用施設において、外部からの送電が停止しても問題なく業務が続けられるように自家発電装置を備える場合がある。これは日本より欧米圏で顕著であり、例えばアメリカのエネルギー省は「最終消費エネルギーゼロ業務ビルディング構想」を立て、2050年までに全ての業務用ビルディングに自家発電機構を設置し外部送電に頼らないエネルギーサイクルの完成を目指している。日本では自家発電装置にも商用発電と同じく保安規制がかかるため、外部送電とのハイローミックスで補助的な使用が多い[要出典]

個人による自家発電[編集]

身体的な駆動エネルギーではなく、精神的なエネルギーを入手するために行われる。突端部位を手で保持し[2]上下に摩擦する事で発電を行う。また陥没部位の周辺を摩擦する[3]発電方式もあるが、こちらは1980年代まで「存在しない方法」とされていた。世界保健機構(WHO)が公式に「女性には自家発電への欲求がなく、自家発電を行えない」としていたのが原因だが、現在その説は撤回され女性も男性と同じく自家発電への欲求があると広く認知されている[要出典]

エネルギーを入手するだけでなく精神をクリアーにする働きもあるとされ、思春期以降増えていく悩みへの対応として自家発電を行う事も多い。日本では20代から30代の男女を対象に調査した所、一週間に三度以上自家発電を行う層が全体の六割に達しているというデータが存在する[不要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 所謂内燃機関。小型発電機も含まれる。
  2. ^ 床に擦り付けるなどの方法もある。
  3. ^ 陥没部位の中をまさぐる、所謂「指ズボ」形式もあるが、こちらは上級者向けであり周囲への間接刺激が主流。

関連項目[編集]