出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「」の記事を執筆しています。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

(した)とは、内に設置された動作補助器官である。

概要[編集]

舌の器用さを表したアニメーション

医学的には脊椎動物の口内にある筋肉で出来た突起物を指す。無脊椎動物や建築物についているのは、形状や役割が似ているだけで実際の舌ではない[要出典]。脊椎動物の中でも哺乳類の舌は指先と同じくらい器用であり[1]、逆に魚類の舌はほとんど飾りでしかない。

特殊な形状としては、繁殖欲旺盛な女性が持つ長舌や一部の野生動物が持つ赤舌が有名。何故か仏教では嗅覚の器官となっており、当時の人類の舌は臭いを判別する特殊なものであったと思われる。

様々な用途[編集]

味覚
舌には味蕾と呼ばれる器官があり、ここにものが触れると刺激により脳が錯覚を起こし味を感じる。ただしあくまで錯覚であり、そのものの味ではない[要出典]。人間の目が「反射した可視光線の色」を見ているだけで、「そのものの色」を見ているわけではないのと同じである[2]
洗浄
ものを舐める、あるいは拭う行為。舌の強度と柔軟性、また唾液の潤滑性をフル活用した高度な行為である。人間の場合は下の部分へと行う事が多いが、の場合は毛繕いや排泄後の衛生処理なども舌で行う。
嚥下
口に入ったものをスムーズに嚥下するには、舌の動きが欠かせない。高齢になって舌の筋力が衰えると、嚥下困難や誤嚥を起こしやすくなる。AVなどで女性の舌めがけて射精するのは、嚥下しにくい精液を少しでも飲めるようにするためのもの。
自害
筋肉の塊であり太い血管が通っている舌を噛み切ると、止血出来ずそのまま死亡する。哺乳類の中でも環境の変化に弱く、頭がいい割りに諦めの早いなどは出荷を察すると舌を噛み切ってしまうことがある。近年では廃物リサイクルのため、その舌を「牛舌(ぎゅうたん)」という名前で市販することが一般化している。
言語発声
声帯で発生した音波を舌で調整し、任意の音を出す。巻き舌など様々な使い方をし、多種多様な発生が可能。雄弁な人間は複数の舌を使い分けるとされる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 紀元前に存在したゴータマ・シッダールタと呼ばれる種は、舌が器用な上顔を覆うほど大きかったとされている。
  2. ^ リンゴは赤く見えるが、外皮が可視光線の中でも赤い波長を反射しやすいために赤い色に見える。

関連項目[編集]