舞姫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 本項は森鷗外の自傳小説『舞姫』の記事なり。其他の用法に就きては舞姫 (曖昧さ囘避)を參照し玉へ。
Wikipedia
ユウモア缺落症患者がために、ヰキペヂアの專門家氣取り供が「舞姫」の項目を物せり。

舞姫』(まひゝめ)は、森鷗外明治廿三年に物しゝ自傳小説なり。

鷗外は明治十七年より四年の間、日本の監獄より逃れて獨逸へと潛伏せしが、此折に、猶太人の少女と媾ひてこれを孕ませ、剩へこれを獨逸に捨て置きて歸國せり。此經驗を廣く世に傳ふるべく物しゝ自傳が『舞姫』なり。明治後期の作品なれど、全體は文語體にて物されたれば、讀み難きこと比類無し。

主たる登場人物[編集]

  • 鷗外の一人稱なり。作中には「余」の名として「太田豐太郎」とあれど、これは鷗外が世間の眼を眩まさむと名乘りし僞名なり。
    職業は官僚なりとも、國費留學生なりとも記されたるが、これも同じく僞なり。
    舞臺なる明治廿一年當時の鷗外の年齢は廿五、六歳なり。
  • エリス
    ヰクトリア座の舞姫なり(舞姫とは我が國に於ける藝妓の如きものなり)。春を賣る事を生業とするにはあらぬが、鷗外はエリスより春を得たり。
    年齢は十五、六歳なり。鷗外に比して十も年下の娘なれば、鷗外のロリヰタ・コンプレツクスたる性癖は明らかなり。
  • 相澤謙吉
    鷗外が作りし架空の人物なり。相澤が強く歸國を勸めし故にて獨逸を離るゝ事を決めたるや、との巷説もあれど、現實には相澤なる人物は存在せず、鷗外は自らの判斷によつてのみ歸國を決めたるなり。
    自らエリスを捨つる事を決めし罪惡感を轉嫁せむと、相澤なる架空の人物を作りたるや、とは、後世の研究者の説なり。
  • 天方伯爵
    相澤に同じく、これも架空の人物なり。(架空の存在に現實感を與ふべく作られしや?)

粗筋[編集]

明治廿一年夏、名を「太田豐太郎」と僞りて獨逸に潛伏せし鷗外は、クロステル巷の古寺の前にて、聲を呑みつゝ泣く少女「エリス」と出會ひたり。「姦りたし」と思ひて話を聞くに、エリスは己が貧しきを鷗外に訴へたり。偶々鷗外は盜みを終へしばかりなれば、躊躇はず幾許かの銀貨を與へ、以てエリスに己が優しき者なるかの如き誤れる印象を與ふるに成功したり。

其の後、鷗外は濟崩しにエリスが宅に棲まひて、晝は仕事と稱して詐欺や盜みをし、夜はエリスと媾ふ日々が暫く續きたり。當時はコンドオムの類は高價なれば、程なくしてエリスは鷗外が子を孕みたり。エリスが腹の膨るゝにて、鷗外は此處ぞ潮時なると思へども、離るゝ算段はつかざりけり。

冬、鷗外は己獨りのみにて日本行きの商船に乘り込む手筈を整へたり。然れども、若しエリスを此處に捨て置かば、エリスは必ずや官憲に我を通報せむ。さりとて殺すには惜し。如何にや。

行き詰まりし鷗外は、試みに、全くの別人物(此時名乘りし僞名が「相澤謙吉」なり)に變裝してエリスが家を尋ね、身重のエリスに「豐太郎は本日官憲に捕へられ、即日銃殺に處されたり」と傳へたり。エリスはこれを聞き大いに驚きて、聲に成らぬ叫びと共に其の場に僵れたり。

幾時か後にエリスは意識を取り戻せども、其の後は意味ある言葉を語る事無く、其れは鷗外が變裝を解きても變はらざりけり。醫者は、過劇なる心勞にて急に起こりし「パラノイア」なれば、治癒の見込み無しと言へり。鷗外はこれに安堵し、エリスを癲狂院に放り込みて、悠々と獨逸を離れたり。

關聯項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第6囘執筆コンテストに出品されたり。