出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: ボート

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(ふね、いわゆるBoat)とは、(ふね、いわゆるShip)と違って実によいものである。

概要[編集]

主に原動機によって推進力を得る船いわゆるシップと異なり、オールや櫂による手漕ぎを主な推進力とする舟いわゆるボートにおける最大の魅力は、やはり何と言っても「との一体感」にあると言っても過言ではない。波に逆らい潮を突っ切って時速15~30kt(ノット)でけたたましい爆音を立てながら進む無粋きわまりない船いわゆるシップに比べ、波にたゆたい潮の流れに身を任せながら時速1~7ktで進む舟いわゆるボートの、何と優雅なことであろうか。まさに水と親しみ、水を楽しむためにこそ作り出されたと言っても過言ではない舟いわゆるボートの存在とは、すなわち人間が「水遊び」をするために特化し、洗練された究極のカタチと言えるのである。

しかし、人力によって運用できる舟いわゆるボートには推進力・積載容量ともに限界があり、醜悪なまでに膨張した人間の自意識や欲望、その他もろもろをすべて積み込むことが出来なくなってしまったため、人類は無邪気に水遊びを楽しむ余裕を失ってしまった。って言うか人類が余裕をなくしたからこそ舟いわゆるボートの限界がやって来てしまったのかは定かではないが、ともあれどんどん肥大する人類の嗜好は次第に力への欲求へと傾いていくようになり、その結果として舟いわゆるボートから船いわゆるシップへの世代交代がけたたましい爆音と共に進んでいる。そのため、古きよき舟いわゆるボートは時代への順応を余儀なくされ、あのけたたましく無粋な原動機を搭載するものが今や舟いわゆるボート界においても主流となりつつあるのだった。

定義[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボート」の項目を執筆しています。

要するに、舟いわゆるボートとは

  1. 人力(櫂などの道具を含める)によって推進するもの
  2. 水遊びなど娯楽に用いられるもの
  3. あまり大きすぎず、小さすぎないもの

であると言える。筈なのだが、空気を読まないイギリス海軍などは水上船はすべて船いわゆるシップとし、ボートいわゆる舟を潜水艦として定義づけたりもしているため、混乱してしまう向きも少なくないのであった。

類似品[編集]

同じものがもう一つあるように見えるかも知れないが、以下はあくまで別の水上航行手段であり、あの優美で気品あふれていた舟いわゆるボートと同一視されるなど耐えられない人もいるのであるから、その辺りは十分にご配慮願いたいものである。

関連項目[編集]