船橋法典駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

船橋法典とは、様々な教義が書かれた書物、及び電車の駅の名前、この二つを同時に指示す言葉である。

概要[編集]

蹴りには蹴りを、馬券には馬券を」の句で有名である。

これは、土日に集まる馬の見物人が自宅に帰る際に、馬のように唾を吐き、馬のようにいななき、馬のようにあたりを蹴っ飛ばすために、それらを丸く治めるために作られた優秀な書物である。

この法典に触れたものは、体から花弁のように馬券が散らばるという不思議が確認されている(土日限定)。なお、平日は田舎同然である

読み[編集]

ふなばしほうてん、と読む。

近くの地名などに、法田(ほうだ/ほうでん)、法典高校(ほうでんこうこう/ほうてんこうこう)、などがあり、「ほうでん」だか「ほうてん」だか段々分からなくなってくるが、それは表記上の問題のみであり、地元住民から実際に聞くと「ぶなばしぼうでん」であることがよく分かる。

本当の読み方を知る者は数少ないか、忘れ去られている可能性が高いと言える。

関連: 茨城県(読み:いぃーばらぎだっぺよぉ!おめ、しっらねーのか?)


場所[編集]

中山競馬場の隣に位置し、決まった時のみ開かれるという扉によって閉ざされた怪しげな地下通路(隠語:なっきぃ)で結ばれている。 周辺に北方十字路があるが、東京に向かう場合は「きたかたじゅうじろ」と読み、東京から遠ざかる場合は「ぼっけじゅうじろ」と読むのが通例である。

生息動物[編集]

電車と競走するのが趣味であるという、四足歩行する哺乳類が観察されている。どうやらタヌキらしい。

出土された場所[編集]

姥山貝塚という姥捨て山のような名前の場所である。(※貝などとともに当時住んでいたであろう人骨は事実出土していますが、実際その様な姥捨ての風習は無いです。) もともとこの書物は、近くの縄文期の貝塚から出土された石板が元である。縄の模様から、今の書物の文章を書き起こし今のような形となった。

文化[編集]

付近の原住民はかつて縄文時代は貝などを食べ、土器の製作や、遠方との石器等の流通も行い生活していたが、海が退いて後は鉄器の製作を集団でおこなう者、上から下に落ちる鉄の玉をいじる作業を行う者や、農耕・牧畜によって生活を行う者、円形の土地の中で様々な場所へ電波を飛ばす者貨物列車で旅する者など分業を行うようになった。

最近は風呂という文化を覚えた為、集団で喜んでお湯に入り暖まるというほほえましい様子が確認されている。

[編集]

貨物列車でありながら、カゴや箱の中に入っていない生物(ただし、哺乳類であり日常を二足歩行する種族のみと限定されている)も運搬するという特別な路線である武蔵野線に属する。

駅前は無料駐車場と化しているが、馬を止めるスペースはないことに注意頂きたい。もちろんのこと、飼い葉も用意されていないので乗馬してお越しになる場合は各自用意すること。

駅周辺の主な産業[編集]

博打、土日に稼働する駐車場、そして駅前のエサ場である。


ディープインパクト.jpg 君!次のレースは船橋法典駅乗ってくれ!
君が騎乗すればGⅠ勝利も夢ではない!頼んだぞ! (Portal:スタブ)