船橋駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「船橋駅」の項目を執筆しています。
稲毛津田沼には言い訳します」
船橋駅 について、吉田こと

船橋駅(ふなばしえき、Funabashi-station)とは、千葉県船橋市にあるJR東日本総武本線東武野田線の駅である。電略は「鮒」(船だと、大船駅と誤認するため)。

概要[編集]

千葉県における中核都市の一つである船橋市のターミナル駅というからには、さぞかし大きな駅なのだろう……と思いきや、どこにでもありそうな大きさの駅舎でしかなく、西船橋駅の方が大きいくらいでがっかりさせられる(しかし西船橋駅には止まらない快速が停車する分、辛うじてアドバンテージを保っている)……などと書かれているあたり、両駅の間にそれはそれは低レベルの確執が繰り広げられているであろうことは想像に難くない。たまに気まぐれで特急も停車するが、市川駅と津田沼駅に停車するのだから、乗り降りにはそっちの方が便利ではないか、という声[不要出典]が上がっている。どうしようもない。

構内施設[編集]

まず寂れた無人改札が乗客をお出迎えしてくれるが、乗り換え線があるにも関わらず連絡改札がないため、キセル乗車がしやすい環境となっている。ガランとした駅構内に、あの通過センサー独特の「ピ……ン、ポー……ン♪」という音が鳴り響くと、何だか悪いことをしている気がしてしまうが、あくまでも気のせいである。それでも、行川アイランド駅に比べれば、こんな過疎ぶりは序の口に過ぎない……って言うか、あんなある意味で秘境駅を持ち出して対抗している辺り、ますますうら淋しさを感じずにはいられない、そんな哀しい駅なのである。そんな淋しい駅構内をどうにかして賑やかそうと、船橋市のイメージキャラクターである「さざんかさっちゃん」の銅像を市から寄贈されたが、ただバカでかいだけであり、市民ですらこれが自分が住んでいる市のイメージキャラクターであることを知らず、中には「何だよこれ、でかくて邪魔だなあ。こんなの飾るくらいなら、北極さらさの方がよっぽど可愛いよ」という悪態までつかれる始末[不要出典]である。実にどうしようもない。

周辺施設[編集]

船橋駅はその経営難から東武デパートに合併・吸収されかけており、駅舎が半分ほど東武デパートに呑みこまれたような形をしている。また、その権益を奪取しようと西武デパートも進出していた。この両者が鎬を削っていてくれていたおかげで辛うじて駅経営が存続できていると言っても過言ではなかったが、西武は潰れた。また、柏駅より下り方面に行く電車がほとんどないため、正直なところデパートへの買い物には電車を使うよりもバスか自家用車を使った方が早くて安上がりな状態となってしまっている。本当にどうしようもない。

乗り場[編集]

船橋駅は元々総武鉄道の駅であったところにJRが参入した形で経営されており、最初からその形態を変えていないが、それを差し引いてもターミナル駅にホームが4つしかない、というのはあまりにもお粗末である。そんな中でも一縷の望みと言える見どころはあまりのどうしようもなさに却ってレアとなっているJR東日本E217系電車が見られることと、千葉県内で最も多い利用乗客(通過)数である。まったくどうしようもない。

JR線
 1 中央・総武線 西船橋錦糸町秋葉原新宿三鷹方面

 1 中央・総武線(O地下鉄東西線直通) 日本橋大手町中野方面

 2 中央・総武線 津田沼稲毛千葉方面

 3 総武快速線 津田沼・千葉方面

 4 総武快速線 錦糸町・東京方面
東武線

 5・6 東武野田線 新鎌ヶ谷野田市春日部大宮方面

隣接駅[編集]

総武快速線
市川駅-船橋駅-津田沼駅
中央・総武線
西船橋駅-船橋駅-東船橋駅
東武野田線
新船橋駅-船橋駅

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「船橋駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)