出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(はな)とは、人々の希望であり、人々の幸福を表し、人々の癒しであり、占い道具でもある。慰労にも使われる。

人々の希望[編集]

花は我々に希望を与えてくれる。

例を挙げて説明する。


荒涼とした荒地。

そこにいるのは自分ひとり。

草一本生えていない。

どこを歩けばいいのやら・・・・・・。

歩いても助からない。

自分は挫けかけた。

そこに現れた花!!!!

人ひとりいなかった、草一本無かった荒地に、

いきなり現れた花!!!!

その花を見て、またやる気が出てきた。

歩こう。


と、このように花は希望を与えてくれる。


人々の幸福[編集]

我々は、あなた方の幸福を表します

花は我々の幸福を表してくれる。

例を挙げて説明する。


荒涼とした荒地を抜け出すことができた。

草が生え始め、町らしきものも見えてきた。

なにか遠くにカラフルなものが見える。

そこに広がるお花畑!!!!

ついに荒地から抜け出して、町に出ることが出来たのだ。

一面に広がるお花畑!!!!

最高に幸せな気分だ。


と、このように花は我々の幸福を表してくれる。


人々の癒し[編集]

花は我々の癒しになってくれる。

例を挙げて説明する。


町に来て、幸せだったのもつかの間。

スパイ容疑で捕まってしまった。

今、牢屋で暮らしている。

一体これからどうなってしまうのだろうか。

ふと窓際を見た。

そこに置いてある花!!!!

窓際に置いてある花瓶。

そこに一輪だけある花!!!!

今はその花だけが心の支えだ。


と、このように花は我々の癒しになってくれる。

占い道具[編集]

花は我々の占い道具になってくれる。

例を挙げて説明する。


今、裁判で争っているらしい。

無罪か死刑かの2択らしい。

最悪の気分だった。

もうすぐ死ぬかもしれない。

いてもたってもいられない。

占いでもして、気を紛らわそうとした。

そしてふと窓際を見た。

そこにある一輪の花!!!!

そうだ、花占いをしてみよう。

心の支えだった一輪の花!!!!

今、自分はその花の花びらを一枚、また一枚とむしり取っていった。

虚しくなった。


と、このように花は我々の占い道具になってくれる。

慰労[編集]

花は我々を慰めてくれる。

例を挙げて説明する。


とうとう処刑されてしまった。

自分の亡骸を見ているのは変な気分だ。

一瞬は苦しかったが、いざ肉体から離れると、なんだか軽い。

体が無いからか。

少し勝ち誇った気分になった。

負け惜しみのようにも思えた。

もう二度と動かない俺の身体。

そこに手向けられた花束!!!!

実際どうなのかなんてどうでもいい

とにかく、そこに手向けられた花束!!!!

なんだか全て報われた気がしてきた。

昇天…


と、花は人々を慰め、労ってくれる。

結論[編集]

花は我々に寄り添ってくれる、人間にとって大切な存在である。