花園駅 (京都府)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

花園駅(はなぞのえき)とは西日本旅客鉄道ラグビー部の練習場。

西日本旅客鉄道ラグビー部は主に高校ラグビーのOBで構成されており、高校時代に花園に行けなかった悔しさや花園に行けた優越感を胸に、男の意地が激しくぶつかり合うことで有名。そのため、花園駅は年中蒸し暑い空気に満たされており、特に夏における蒸し暑さは花園駅の風物詩となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「花園駅 (京都府)」の項目を執筆しています。


概要[編集]

1987年、西日本旅客鉄道の職員で主に高校ラグビーの経験者を中心にラグビー部が結成されたため練習場が必要となった。そのため、当時、京都市内の路線上にありながら比較的利用客の少なかった花園駅が、駅兼ラグビー用練習場としての機能を持つようになった。本格的に練習場と化したのは1996年の高架化後であることはあまり知られていない。なお、花園駅自体は794年の嵯峨野観光鉄道開業時から存在している。

また、実際に全国高校ラグビーフットボール大会が行われる近鉄花園ラグビー場を使用しないのは西日本旅客鉄道の社員として当然のことであり、使用する場合は近鉄などとの対外練習試合か公式戦に限られる。

ラグビーの練習[編集]

基本的に練習は毎日行われており、各職員が可能な範囲内で参加している。ラグビー部に参加する職員は、乗務時間外または日勤教育中の車掌や運転士が多いが、駅員、保線員、清掃員も参加する。また、練習の後業務に戻る必要があるため、ほとんどの部員が制服を着用したまま練習を行っているのが実情である。そのため、当駅に停車または通過する列車からは、練習しているようには見えないが、満員電車に乗り切れない人を押し込むなどの形で行われるタックルの練習は毎日のように行われているため、比較的容易にその様子を見ることが出来る。

これはエクストリームスポーツではないが、ラグビー未経験者のセルフ運転士、セルフ車掌が自主的に参加することもあり、こちらはエクストリームスポーツに含まれる。

駅構造[編集]

島式1面2線ホームを持つ高架駅で、ホームの両端にラグビー用のゴールが設置されている。同時期に高架化された二条駅同様の特徴的な屋根をもっているが、これは完璧な盗作である。また、二条駅に備わる合体変形ロボットの機能はもたない。ただし、この屋根のおかげで雨天時も練習を行うことが出来る。

人身事故防止に関して[編集]

花園駅は快速列車通過駅であるが、当駅の駅員には体の頑丈なスポーツマンが大量に生息するため、仮に誰かが飛び込み自殺を試みたりホームから転落したとしても駅員が華麗に飛び込んで救出することが可能である。この際、間に合わなくても駅員は頑丈な体の持ち主であることから、負傷する心配は一切ない。また花園駅で男たちによるむさ苦しい自殺防止キャンペーンが大々的に行われて以降、当駅で自殺を試みようと思うものは皆無になった。

関連項目[編集]