花嫁人形

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「花嫁人形」の項目を執筆しています。

花嫁人形(はなよめにんぎょう)とは、戦争などで独身のまま亡くなってしまった男性のために、その男性の親が「あの世でこの人形と結婚しろ」と願いを込めて寺や神社に奉納する人形のこと。脳内嫁ならぬあの世嫁である。

概要[編集]

花嫁人形は結婚せずに死んだ男性全般に与えられるわけではない。病気で若くして息絶えた、学徒出陣などで女性の柔肌を知らずして散ったなど、幸せになりたくてもなれずに鬼籍に入った男性のみである。此岸で幸せになれなかったのだからせめて彼岸では、という親心の発露であろう。もちろんそれは誰しも共感、あるいは同情できる行為であろうが、しかしそのようなことをしても全く無駄である。せいぜい空虚な親心をわずかに満たすだけで、儚くなった息子には何の影響もない。なぜなら、日本は仏教の国だからである。

輪廻転生を説く仏教では、逝ってからの四十九日間は閻魔大王で有名な生前の罪を裁く審判があり、それが済んでからは六道のいずれかに転生することになっている。つまり、せっかく宛がってもらった花嫁人形と結婚している暇など、どこにもないのである。この理屈でいけば盆も墓参りさえも無意味ということになるが、そもそも仏教には盆の概念はないし、墓も作らなかったりする。

とはいえ、死後の世界があり得るかどうかは誰にもわからない。案外、よろしくやっている可能性もなきにしもあらずである。

現代の花嫁人形[編集]

医療技術が発展し、また戦争に巻き込まれるようなポジションでもない現代日本では、花嫁人形を奉納するという行為は急速に廃れつつある。しかし一方で、結婚できない男三次元の女性に興味を持たない男は急増している。彼らのうちでまだ若くして旅立ってしまった者に対しては、その親から花嫁人形を与えられることがあるという。もっとも、現代では性の情報が氾濫していることもあって、人形ごときでは彼らも満足はできないだろう。そこで、親たちは悲しみに暮れ涙を拭いながらベッドの下やハードディスクなどの息子の遺品を漁り、彼の性癖を把握しようと努める。

かくして、結婚できない男にはエロ本ダッチワイフやグラビアアイドルの等身大抱き枕が、二次元の女性にしか興味を持てない男にはフィギュアやガンプラやエロゲーギャルゲーなどが宛がわれ、親たちは、不幸な我が子があの世で幸せを掴むことができるように願うのである。もしも死後の世界が実在し、彼らが上のような女性たちと結ばれるのであれば、確かにこんな嬉しいことはないであろう。

関連項目[編集]


闇に惑いしあわれな花嫁人形よ、人を傷つけ、貶めて、罪におぼれし業の魂。
イッペン、死ンデミル? (Portal:スタブ)