花河童

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「花河童」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「はなかっぱ」の記事を執筆しています。

花河童族(はなかっぱぞく)とはやまびこ村(伝説上の廃村)に生息すると伝わるUMA(未確認生物)、またはその生物群の名称である。

概要[編集]

身長1-1.5m、二足歩行。容姿は人間に似るが、鳥類特有の嘴と頭頂部に植物を持つという独自の特徴を持つ。水中を自在に泳ぐことができると言われている。

近年の研究[編集]

近年の研究では、花河童族は頭頂部にDNAを自在に変異させる性質を持った植物幹細胞を持つとされる。また、エラを持たないにもかかわらず水中を長時間泳げることについては多くは解明されていないが、一説によれば嘴に水中の酸素を取り込むフィルターのような働きがあるとも推測されている。 頭頂部の植物は光合成を行い、養分を本体へ取り込む働きをしている。

起源[編集]

花河童族には哺乳類、鳥類、植物など様々な生物の特徴が見られているが、未だに詳しい分類は分かっておらず、その起源も謎に包まれている。 現在最も有力視されている説の1つが、ヒトが何者かによって故意的に遺伝子を改変され、様々な生物のハイブリッドとして作られたという「花河童族ハイブリッド形成説」である。やまびこ村には獅子じゅうろく博士と呼ばれる科学者がいて、多くの謎に満ちた発明を行っている。研究所にはバイオテクノロジー研究所も併設されており、ここで半強制的に遺伝子の組み換えが行われたのではないかという現在最も支持者の多い学説である。


この項目「花河童」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)