花魁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「花魁」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「花魁」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「花魁」の記事を執筆しています。

花魁(おいらん)とは、江戸時代に存在した色仕掛けを用いて暗殺を行う職業である。

概要[編集]

花魁は江戸時代に盛んだった遊廓文化の中で生まれた暗殺業で、遊女に混じって活動するのが常であった。一般的な暗殺者と異なる点として、自らターゲットを追うのではなく「ターゲット好みの高級遊女」を装うことで有利な場所[1]誘きだしにかかることが挙げられる。表向きは高級遊女である為、そこへ行き着くには大金と時間が必要であったが、色に狂った男はホイホイと金を積み続けたとされる。そして「床入れ」とも呼ばれる初夜を迎えた際に床の中で暗殺を行うのである。当時は灯りも乏しくほぼ闇の中でセックスすることになっており、暗殺にこれほど向く機会も無かったのだ。

また吉原などの遊廓においては、金を長く払わなかった客や急死した遊女が無縁仏として[2]葬られる事は珍しいことではなく[要出典]、遺体の処理にも不自由はしなかったようである。加えて高級遊女に扮するくらいだから花魁たちは皆美貌の持ち主であり、遊廓にいる限りは下にも置かぬおもてなしを受け続ける厚待遇だった。見世としても彼女らがいれば見世の格が上がるので、こぞって花魁を招いたとされている。

花魁の特徴[編集]

ターゲットを誘い込んだ、異国風花魁さん。

花魁の容姿や能力は様々だったが、彼女らの共通点としてはまず「廓詞」が挙げられる。一人称は「わっち」で語尾に「ありんす」などを付ける独特の話法は、氏素性を隠そうとする暗殺者としての必然だったのだが、それが今で言う「方言萌え」「萌え語尾」のような効果をもちターゲットからの交換を得る為に一役買っていた。

またターゲットに自分の存在をアピールし見世へと来させるため、「花魁道中」と呼ばれる一種のパレードを行う事も多かった。三枚歯の黒高下駄を履いて独特の歩方で歩くことで、周囲への示威も兼ねていたとされる。これを指揮したり暗殺の段取りを整えるパイプ役は「忘八」と呼ばれ機密保持を徹底しており、花魁道中の真の姿などは後世に伝わっていない。

脚注[編集]

  1. ^ 殆どは「部屋もち」と呼ばれ専用個室を持っており、そこを使うことが多かった。
  2. ^ 遊廓の側にある寺は、「投げ込み寺」と呼ばれるほど無縁仏の投げ込みが多かったらしい。

関連項目[編集]