若木民喜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

若木民喜(わかきた みき、1972年5月9日 -)とは、現在日本に実在するであり、美少女評論家である。

経歴[編集]

神は、現世における名前「わかきたみき」を持って大阪民国に降誕された。神は、小学生の当時からスケッチブックをさかんに実行し、当時の一位をキープするなど、神童の片鱗を垣間見せていた。

神は、高橋留美子の描く音無響子に恋をなされ、中学3年生のみぎりクローン生命創造の研究「響子さんクローン化計画」に着手した。その片手間に、大阪民国第一学区の名門公立高校・大阪府立北野高等学校‎に合格、さらにはあっさりと京都大学文学部哲学科に合格なされた。

神は、大学在学中に既存の哲学に限界を感じ、エロゲー評論家への転進を決意した。神は、正確な評論を行い新たな概念を提唱するためには数量をこなす事が重要と実感された。そのため俗世を離れ、自らを鞭打ち、十年以上もの長き間にわたり、毎週30本のエロゲーを制覇されたのである。ときあたかもWindows時代であり、マルチウィンドウ、マルチモニタを用いて複数エロゲーの同時攻略が可能となったためとはいえ、神であるからこそなし得た偉業である。神の耳にとっては、同時に10人のヒロインのボイスを判別する程度のことは容易なのである。さらには、世界名作劇場の全話鑑賞という修行を完遂した。

神は、こういった結果をインターネットにおいて公開なされた。その偉業によって、自然とカルマが上昇し、ついには真の神となったのである。

神は、東京に上京して9年が経過するもお金は不浄なものであるとしているので、収入が全く上がっていない。おこづかいの残額が一万円を切って電気水道を止められかけたこともある。信者の間では、引き続きアフィリエイトでリアル投げ銭する行為が奨励されている。

神の真相[編集]

神は、星井美希であると公言されている。これは、神ならではの謎かけである。神は、自らの本当の名前は「たみき」ではなく「みき」であり、女神(天照大神)であることを暗に示されているのである。

このため、信者からは、萌え萌え幼女漫画家と推測されている。この件に関して、神はきっぱりと肯定なさっているうえに、編集部に行く電車賃が半額であると語られている。しかも神自らの自画像付きで。京都大学卒なのに幼女であるのは神のみぞなせるわざである。この点に関しては、漫画家としてデビューしたのが大学を卒業した21歳のときと明言されていることから、「神の持つ力によって自らの年齢を操作して漫画家としてのエネルギーを捻出している」という仮説が提唱されている。神の年齢は概ね5歳程度で収束し安定する見込みとのことなので安心されたい。

職業[編集]

神は、また偉大な物理学者でもある。京都大学在住中に物理学を研究した成果として、元素表は現在知られている物とは異なることが正しい世界の法則であることを発見した。神は、この事実に関して、初著書にてネオ元素の暗喩としてまとめられている。

神は、同時に高名な評論家でもある。評論活動の一環として、現在では主にスイーツに関する研究を、自身のブログで公開なさっている。 minna sunday wo misutenaidene

神は、エロゲーに「汁」という新たな概念を確立した偉大な哲学者でもあることを忘れてはならない。また、大衆にも哲学の基礎を普及させるべく「ねじの人々」なる聖書を執筆した。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「若木民喜」の項目を執筆しています。