苦素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
苦素(dungium)
一般特性
名称, 記号, 番号 苦素, Du, 19
分類 未定義
族, 周期 9, 4
密度 320 g/cm3
不明
原子特性
原子量 40 amu
原子半径 48 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

苦素(dungium)は、ネオ原子番号19番のネオ元素ネオ元素記号Du。いわゆる臭いものによくある元素である。

概要・性質[編集]

とにかく化合物にすると大抵は駄目なものになる。つまり混ぜるな危険よほどの事が無い限り扱う羽目になる事が無いが、大きなお友達の持ち物(とくに捨てようとしても捨てれないもの)は注意である。あなたが知らぬ間に苦素が染み付いているかも・・・?

ちなみに、直接吸い込むと強烈な苦痛が起こってきて最悪の場合にいたるので注意。

味素と反応させると苦い味の成分ができる。

主な化合物[編集]

(Td12Mo9Er8Lo8)5Du3Go2(Q32chLv)Qu-3Dl-30)

関連項目[編集]

Bad green Potato.png この苦素は、まだ発酵しきっていません。腐ってると言われている程発酵出来るはずです。もっと発酵させてください。 (Portal:スタブ)