草津線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「草津線」の項目を執筆しています。

草津線(くさつせん)は、三重県伊賀市柘植駅から滋賀県草津市草津駅までを結ぶ酉日本旅客鉄道(JR酉日本)の鉄道路線である。主に伊賀市・甲賀市間を移動する黒い人と茶色い置物と茶色い生き物と草津温泉(滋賀県)に行く人が利用する。

概要[編集]

JR草津線草津駅前

関西鉄道が作ったが、国鉄が、国家による盗賊合理化法鉄道国有法の力で乗っ取ってジェットコースター化。まあ、悪法も法ですから。そして、その後は国鉄民営化によりJR酉日本に移管された。

三雲駅を少し柘植方面に行くと、危険地帯に入る。危険地帯は、柘植より先の関西本線まで巻き込んでいる。要するに、甲賀市内と伊賀市内である。危険地帯では、規則違反をすると手裏剣(追跡機能つき)が飛んできて、絶対に仕留められる。何もしなくても周りでは、狸と忍者が戦っているので、普通の手裏剣や、狸の置物が降って来る。薬の町、甲賀市では、毒薬も降って来る。

貴生川で近江鉄道信楽高原鐵道と接続する。

京都から津へ行くには、近鉄よりもこちらの方が便利なのだが、これではとても利用できない。歴史的には草津線の方が東海道なのだが、この治安ではとても鉄道の本線となることは望めない。一般人は、立ち入らないほうがいい。

沿線風景[編集]

  • 田んぼ
  • 集落
  • 狸の焼き物
Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

運行形態[編集]

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「草津線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)