草薙京

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「草薙京」の項目を執筆しています。

草薙京(くさなぎ きょう、1975年12月12日 - )は、燃え太郎の芸名で知られる日本の芸能人。SNKプレイモア所属。エクストリームスポーツである留年の日本記録第2位の保持者としても知られている。

略歴[編集]

デビューは1994年で、当時は二階堂紅丸大門五郎とトリオグループ「日本代表チーム」を結成していた。同年の「ザ・キング・オブ・ファイターズ」出場がブレイクのきっかけとなっており、以降同大会には毎年出場している。

しかし1997年の同大会の頃より、マンネリ化を心配した京が芸風を一新したため、紅丸や大門との間に軋轢が生まれるようになった。なお同年に八神庵神楽ちづると共に期間限定トリオ「三種の神器チーム」を結成したが、その傍から庵が暴力事件を起こしたこともトラブルの元となって、1999年から音楽性の違いなどの諸事情からトリオを解散していた。同年から2000年にかけてピン芸人として活動していた。

2001年矢吹真吾の仲立ちにより、京・紅丸・大門・真吾の4名で「日本チーム」を再結成しているが、翌年以降も脱退・再加入が度々繰り返されており、このことを揶揄されることも多い。

2003年には庵、ちづると共に「三種の神器チーム」を再結成したが、客が暴れたことにより、ちづるが大けがをした。穴埋めに真吾がメンバー入りしたが、役に立っていない。

留年[編集]

現在では京は、どちらかというと留年記録の挑戦者としてよく知られている。彼の挑戦は1994年から始まっており、現在においても記録を更新中である。

彼の留年に掛ける情熱は草薙の炎と渾名されており、主に火遊びや放浪、秘密結社に拉致されることなどの趣味を利用して、毎年の半分ぐらいを休学して学力に依らない留年を実現している。卒業する気は全くないというが、近年に至っては留年の定番である学生服の永年着用を拒否しており、これが留年ファンにとって「卒業を示唆するものではないか」と賛否両論を巻き起こしている。

現在の日本記録保持者である溝口誠とは、お互いに高校生である以外に接点を持っていなかったが、2007年の『KOF MIA』にて初競演。互いの留年トークとドツキ漫才により大いに大会を盛り上げた。

やはり留年している春日野さくらとも1999年から2001年にかけてクロスオーバー共演し、留年チームを結成し義侠心を貫く。両者とも1999年から2001年時分まで、かなり年を食ってると推測できる。

クローン[編集]

また京は、どこから発生したのか不明な、大量のクローン人間がいることでも有名である。これは1997年の頃から確認されており、一説には「留年を回避する替え玉」または「同キャラ対戦のためのそっくりさんを探す手間を省くためのもの」と考えられていたが、1999年の頃から無計画に大量生産されていることが発覚。以後、問題視されるようになった。ちなみに彼のクローンの中には島鉄雄も混じっていることが明らかとなっている。

関連事項[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「草薙京」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)