荻野文子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

荻野文子(おぎの-あやこ 1957-)とは、兵庫県西脇市出身の女性の古文教師であり、受験界におけるマドンナである。

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「荻野文子」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

略歴[編集]

戸田恵梨香上野樹里相武紗季北川景子寿美菜子南野陽子など多くの美人の出身地、兵庫県で生まれる。その後同郷の坂木俊信氏と違って悪いことをせずにすくすくと育ち、兵庫県立西脇高等学校上智大学国文学科を卒業後は実家の書店での勤務を経て駿台予備校でデビュー、「バーニングアップ」する。書店勤務中の下積み時代に読んでいた古典の文書で得た知識を活かし、下ネタを交えて基礎から徹底的にすりこむという授業スタイルが好評を博し、代ゼミからのスカウトが来た事もあって、受験界において一躍注目株となる。駿台で許容されていた下ネタは代ゼミでは禁止と、方針が違える両方の間で極力ズレが生じないように配慮されながらも木目の細かい指導は定評を呼び、この頃から古文に「クレイジー・フォー・ユー」する教え子達の間で口コミで五つ星が付けられるような教師になっていった。実家の書店を改築し、自身のレーベル「An's」を立ち上げた後は駿台と代ゼミ共に離脱したが、二年後に東進ハイスクールに客員講師として招かれ、正式に移籍した。代ゼミ所属時代も一世を風靡していた彼女だったが、そこでの活動で「マドンナ古文」の名実ともにNo.1を獲得する。しかし、後に元代ゼミの吉野敬介氏が後を追うように東進に投身すると、支持と人気を二分されることになり、苦戦を強いられる事になる。現在もこのツートップの間での競争は必至であり、予備校の中では一種の語り草となっている。 しかしその後東進ハイスクールを去り、今は地元で個人塾を開いている。

授業と実績[編集]

「間違えてもいいんです。ここでカッコつけたってどうにもならないんで、ここではどんどん間違えてください。」
授業の心構え について、荻野文子

東進の売り込みの一環として「マドンナ古文」と名付けられ、以後全国区で親しまれるようになる。東進は夏などの講習のシーズンになると比較的頻繁にCMを流す方だが、そこでの授業風景は殆ど彼女の授業である。吉野氏では、その恐ろしい外見上、萎縮する客がいてはいけないという配慮なのだろう。[1]実績こそは逆賊のような男と競り合いが続くも、その授業スタイルはやはり他の追随を許さず、「クイーン古文」と呼ばれてもおかしくはない。長らくマドンナ古文として親しまれてきたが、長年の実績を見てもクイーンで問題ないという意見も実際出ているが、本人があくまでマドンナ[2]古文で在り続けるのは、アメリカのアーティスト「マドンナ」への憧憬から、自らを受験界のマドンナと自負しているのかもしれない。授業で一度着てきた服は二度と袖を通さないという生活をしているという噂が立つあたり、授業料などの収入の他に著書などでの印税などで収入はかなり入っていると事が推測出来る。なんにせよ予備校講師として最も成功した女性であるのは変わり無い。

脚注[編集]

  1. ^ 箱をあけてみれば結構違うものであるが、人は見た目が9割であるので、つかみは彼女でいった方が無難。
  2. ^ “Maddonna”の本来の意味は「憧れの女性」。ちなみに歌手のマドンナは本名がマドンナ(“Maddonna”)。

関連項目[編集]