蕨駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蕨駅」の項目を執筆しています。
「えっ、蕨駅って川口市にあるんじゃないの?」
蕨駅 について、川口市民
「蕨駅は我らの砦だ!川口市民は出て行け!」
蕨駅 について、川口市民排除軍大将
「そんな事どうでもいいから、はやく合併しようよ!」
川口市民vs蕨市民の戦争 について、鳩ヶ谷市民
「こやつめ、川口市民は出て行けとかはやく鳩ヶ谷市に合併しようなど言いやがって、全くもってけしからん!!」
すべての発言 について、磯野波平

蕨駅(わらびえき)とは、彩の国さいたまの蕨市にある駅であり、戦場である。

蕨駅東口の外観。
中の様子は、お察し下さい

概要[編集]

日本で一番狭い市であるために市の中心部に最も近いぎりぎりの場所に駅を建てたら、何故か隣の川口市との境界近くになってしまった。いまいち良く分からないと思われるかもしれないが、事実である。 その結果、土地・人民などで蕨市を大きく上回る川口市に、駅構内が侵略されつつある。

それに抵抗する蕨市民と、領土拡大をもくろむ川口市民の間に、絶え間ない戦争が続いている。

この侵略が完了すれば、チャクウィキでのツッコミもむなしく蕨駅が北川口駅になってしまうであろう・・・・・・。

利用上の注意[編集]

何事にも動じない[編集]

とある百科事典によると利用者数は彩の国さいたまの中でも、かなり多い部類に入るらしい。 また、前述の通り蕨市はとても狭いので、駅に充てられる土地などほとんど無く、蕨駅はとても狭い。

以上のことから、駅構内の人口密度が高いことは明らかである。

他にも、川口市民vs蕨市民の戦争が日常茶飯事であることは、もうお分かりいただいているであろう。

すなわち蕨駅を利用するには、何事にも動じない強い心が必要なのである。

罠にはまらない[編集]

南浦和行きの電車に乗っていると、浦和以北に行く人に対し、蕨駅で大宮行きの電車を待つことを勧められる。しかし優秀な駅員の方々が、カオスと化した蕨駅での下車を勧めるであろうか?

実を言うとこれは、戦局をさらに混乱させることをもくろんだ、第三者の罠なのである。

(南浦和駅でも、京浜東北線利用者と武蔵野線利用者の大群に巻き込まれてしまうので、どちらで降りても、大変なことになるのには言うまでもない。)

混乱しない[編集]

蕨駅には、謎のエレベーターがある。

それは、乗る時と降りる時で開くドアが反対になるエレベーターである。

蕨駅の構造上仕方がないのだが、初めて乗るときには、頭の中が混乱してしまうかもしれない。

利用可能な路線[編集]

京浜東北線のみですが、何か問題でも?

駅周辺[編集]

西口、東口ともにパチンコ・スロット店がある。詳しいことは(ry

あとはマンションがちょっとだけ。

放置自転車が多い・・マスコミ(読売新聞地域版・テレビ朝日スーパーモーニング)などで取り上げられた。

  • 路線バス問題

埼京線の開業により西口から発着をしていた都営地下鉄三田線東武東上線方面や京浜東北線と並行している路線の廃止・縮小 埼玉高額鉄道の開業により上青木・前川・鳩ヶ谷方面の路線が廃止・縮小されたことが放置自転車を増量させている。

関連項目[編集]

最後に[編集]

蕨市も川口市もとてもいい所だよ。怖がらずに蕨駅を利用してみよう!!


Gomen.jpg この「蕨駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)