薬指シフト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

薬指シフト(くすりゆびシフト)は、何よりもおいてやりづらさを追求した入力方法・装置のことである。

概要[編集]

広くは、薬指を使った入力方法やその方式を指す。
薬指とは、一般的なホモサピエンスの内側から4本目の指のことで、一個体の四肢にそれぞれ一本ずつ計4本あるのが普通である。
薬指には太い血管があるとされるため、使いすぎには注意すべきである。

評価[編集]

メリット[編集]

普段あまり使わない指を使用することで、を程よく刺激し、その結果東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修脳を鍛える大人のDSトレーニングをプレイしたような快感を得ることができるかどうかは定かではないが、何か体によろしいイメージを持つことができるはずである。

デメリット[編集]

薬指のみを駆使するので、薬指に対して過度の負担がかかる。極度の疲労困憊状態に陥った薬指は、ぴくぴくする。
ぴくぴくぴくぴくである。非常に滑稽だ。

薬指シフトの例[編集]

関連項目[編集]