藤沢市の領土問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「藤沢市の領土問題」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
黒線内が現在の藤沢市の領域。赤く塗られた部分が現在藤沢市が返還を求めている西部湘南ライフタウンである。

藤沢市の領土問題(ふじさわしのりょうどもんだい)とは、神奈川県藤沢市と周辺市との未解決の、あるいは解決したとされる領土問題の事である。

現在藤沢市政府はこのうちの西部湘南ライフタウンのみを未解決問題とし、茅ヶ崎市政府と返還交渉を行っている。また大和市綾瀬市横浜国そして別件で茅ヶ崎市との間にも潜在的領土問題を有しているとされ、一部の藤沢市民による領土返還のデモが起こる事があるが、藤沢市政府はこれらについては解決済みとしている。

西部湘南ライフタウンは北方領土、その他地域は南樺太や北千島と同じ状況に置かれているといえる。

西部湘南ライフタウン返還問題[編集]

紛争発生の経緯[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「湘南ライフタウン」の項目を執筆しています。

湘南ライフタウンとは、1971年から藤沢市による藤沢市西部の計画的開発を目的として着工されたニュータウンである。ライフタウン開発と並行して茅ヶ崎市は堤地区土地区画整理事業を藤沢市に委託したが、管理問題上茅ヶ崎の委託地域を藤沢地域のライフタウンと同格の扱いとすること、自地域以外の開発を行う事になるため、藤沢市は当初この申し出に難色を示していた。後に、事業完了時に元々の藤沢領に加え、藤沢市帰属を希望する住民が多数を占める地区を藤沢市に編入するという条件で承諾する。

1986年にライフタウン設計と整理事業は終了し、住民投票で帰属先を決めたところ、圧倒的多数が藤沢市帰属を求める結果となった。これに対し茅ヶ崎市政府が領土引渡しを拒んだ事から問題が発生した。

藤沢市帰属を求める代表的な看板。
藤沢市帰属派住民を虐殺する茅ヶ崎市軍。
茅ヶ崎市側から見た藤沢‐茅ヶ崎市境。24時間警戒態勢とされ、無許可で近づく者は射殺される。

藤沢市茅ヶ崎市との経済格差が大きい事、ライフタウン開発から15年もたち、全ライフタウン住民の間に藤沢市民としてのアイデンティティーが定着した事などから、西部湘南ライフタウンの住民の間では藤沢市への編入を求める運動が巻き起こった。茅ヶ崎市委託地域も藤沢地域のライフタウンと同格の扱いとされ、この方針の延長で湘南ライフタウンの一部として開発されていったことも背景に挙げられる。

連日デモが行われ、西部湘南ライフタウンの各地で「湘南ライフタウンは1つの町」・「我々は藤沢市民」といった藤沢市帰属要求のプラカード・看板が掲げられた。当然茅ヶ崎市軍と激しい衝突が起こっており、一瞬即発の状況であったが、騒動のさなか茅ヶ崎市軍による帰属派の虐殺事件が起こってしまい、強制的に沈静化された。この事件は日本のみならず国外にも日本の天安門事件ライフタウン虐殺事件 (Lifetown massacre)として報道され、強い非難が茅ヶ崎市に浴びせられたが、茅ヶ崎市は西部湘南ライフタウンを遮断し戒厳令を敷いて取材を頑強に阻止したため、うやむやのまま注目されなくなってしまった。

この事件の影響で難民が大量発生したため、藤沢市は滝の沢・大庭両中学校を難民受け入れ先とし、後に教育適齢期の難民の生徒を藤沢市民と同じ待遇で教育を受けさせる事を決定した。後に藤沢と茅ヶ崎両市の市境は領土防衛と治安維持のため軍隊が配備され、交通が著しく制限されている。

現在も藤沢市茅ヶ崎市との間で領土問題について会談が行われているものの、茅ヶ崎市議員の一人が「(返還する位なら)戦争だ!」と叫ぶ状況で議論は平行線をたどり解決の目を見ない。藤沢市政府は、藤沢市において西部湘南ライフタウンは「未回収の藤沢」と称されており、継続して交渉を続けるとの閣議決定を行った。

現在の西部湘南ライフタウン[編集]

領有権をめぐる一連の紛争により、西部湘南ライフタウンの状態は全般的に悪化した。この傾向は特に治安において一層顕著である。

湘南ライフタウンは郊外のニュータウン、新しく作られた街にいかがわしい場所は当然設置されずまた将来も設置されないように設計されている。また中流階層の人々が集まる街である為、犯罪率は比較的低かった。しかし紛争によって一時的であるが、西部湘南ライフタウンを中心とした地域において無警察状態に陥り、「湘南のロサンゼルス(現在はヨハネスブルグと置き換わる事が多い)」と呼ばれるまでに犯罪が多発した。市境沿いに茅ヶ崎市軍が配置される様になってからも、帰属派住民によるデモテロといった合法・非合法の活動鎮圧に軍は忙殺され、治安維持に手が回らず、犯罪がなかなか減少しなかった。自力による治安回復は困難と判断した茅ヶ崎市政府は、相互交流を名目として藤沢市にも西部湘南ライフタウンの治安維持任務を担わせる事を計画し、実施する事に成功した。これによって西部湘南ライフタウンにおいても治安が回復されたが、これによって地域住民は茅ヶ崎市政府の統治能力に失望し、藤沢市への帰属運動が根強くなった原因となった。

今なお、藤沢市の助力なくしては、西部湘南ライフタウンの治安維持がままならない状態である。

藤沢市帰属運動の現状[編集]

文面は上の看板と同じ。何者かによって破られてしまっている。協議会会員は様々な弾圧や差別にあいながらも、故郷統一の為に忍耐を重ねて意志を貫こうとしている。

湘南ライフタウンの分断が固定化されて以降、西部湘南ライフタウンでは帰属派住民によって茅ヶ崎地区市境問題連絡協議会が設立された。協議会は西部湘南ライフタウンの平和的帰属達成を目的とした組織であり、1000戸に満たない西部湘南ライフタウンの過半数を占める大組織であったが、茅ヶ崎市においては非合法組織とされ、協議会幹部の検挙や会員の就職・市民サービスにおけるペナルティ等の処置によって組織は弱体化し、2010年2月現在において会員戸数は50戸までに激減した。現在法律上においてはこれら会員にも一切の差別は禁じられるようになったが、現在も会員に対する迫害が行われており、協議会は茅ヶ崎市政府による姿を隠した嫌がらせであるとして批判している。

両市の対応[編集]

藤沢市・茅ヶ崎市どちらもライフタウンにおける領土問題に多大の関心を抱いている。特に茅ヶ崎市においては、領有の正当性が確固としていない事もあって、「茅ヶ崎市民全体の問題としてとらえなくてはならない」とされ、議会でもたびたび取り上げられている。

茅ヶ崎市議会の主流は市境の現状維持であるが、2007年に6月第2回定例会における茅ヶ崎クラブの山田悦子議員の提議など、新たな問題解決方法を模索する人々も現れ始めた。定例会において山田はライフタウン全体をまず1つの行政地域に統一し、その「ライフタウン特別地区」を茅ヶ崎市と藤沢市の共同統治地域とすべきとの提案を行った。この発言は藤沢市議会議員から、「日露共同領有時代の樺太を思い出すべきだ[1]」等の抗議が相次ぎ、茅ヶ崎市の服部信明市長が「地方公共団体の行政区域内の行政につきましては、それぞれの公共団体が責任を持って執行することが基本」としてライフタウン特別地区構想を否定するまで、両市間は緊張状態となった。

藤沢市においても西部湘南ライフタウン復帰決議が採択される事は何度か行われたが、竹島日本の関係から分かるように実効支配できていない為か、具体的かつ有効な対策は2010年現在までに行われていない。

解決されたとされる領土問題[編集]

旧小出村分割[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小出村 (神奈川県)」の項目を執筆しています。

昭和の大合併期間中の1955年4月5日、小出村(こいでむら)の遠藤地区が藤沢市に、堤・芹沢・下寺尾・行谷は茅ヶ崎市に編入するという分割合併が行われた。当初小出村の合併委員会では藤沢市編入派が21人、茅ヶ崎市編入派が13人と藤沢市編入が多数を占めていたが、54年12月12日の編入先選択選挙で藤沢市編入派1037票、茅ヶ崎市編入派1241票となり、その後の合併交渉に影響を及ぼした。この過程において、茅ヶ崎市からのみ茅ヶ崎市への合併誘導の宣伝ビラが大量に配布され、投票日前日には茅ヶ崎市商店連合会から全小出村世帯に手ぬぐいが配られるなど、不正選挙ではないかとの疑いが持ち上がっている。

旧渋谷町南北分断[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渋谷町 (神奈川県)」の項目を執筆しています。

1954年11月30日の議決で藤沢市合併派が12票、反対派が6票と倍の差をつけて藤沢市合併を決定したものの、反対派の一部過激派によって事実上白紙化され、同年12月21日に渋谷町議会で乱闘が起こり、賛成派の井上金貞町長と一部議員は非難せざるを得なくなった。また同日に当時の関根助役が監禁され、27日には関根助役は反対派の関水五夫議員から殴打されるなど、渋谷町は混乱を極め、結局藤沢市は反対派の多い北部の合併を断念せざるを得なかった。この経緯から南渋谷住民から構成される市民団体により、現在北渋谷を領有している大和市政府に対し、北渋谷の返還を求める運動が散発的に見られる。

南北土棚 - 湘南南オセチア[編集]

土棚(つちだな)地域は現在の藤沢市綾瀬市にまたがる地域で、元々1つの村からなっていたが、合併の際、結果的に南北に分断される事となったため、土棚の住民は南北土棚統一を求めて両市に請願を行っている。もっとも藤沢市はこの請願に対応して、南土棚の大半をいすゞ陸軍工場の敷地とし、土棚住民を強検閲により削除的に移検閲により削除させたため、藤沢市が南土棚を綾瀬市に引き渡す恐れは無い。

東西俣野[編集]

東俣野(ひがしまたの)は横浜国の領土であり、圧倒的な国力の差から検閲により削除されていて、返還の声はそれほど大きくない。

[編集]

地図サイトの住所検索欄を用いて「鎌倉市津1」の地図を検索すると、なぜか藤沢市内にあるはずの龍口寺の敷地内が表示される。一般人には明らかに変に見えるのだが、江ノ島電鉄に乗車する魔物の検閲により削除ため変ではないのだ。決して。

領土回復が実現した際の藤沢市の領土と予想される影響[編集]

黒線内が本来の藤沢市領とされる範囲。

ピンクと赤地域が旧小出村。緑が綾瀬領、薄緑が藤沢領土棚。灰が大和市領、紫が藤沢市旧渋谷町領。肌色が横浜国領、茶が藤沢市領俣野である。現在藤沢市外のこれら領土には2009年1月1日現在57290人が暮らしており、現在の藤沢市内の人口の14%に及ぶ。これら諸地域を併合することで人口は462995人となり、政令指定都市の指定条件となる500000人に接近する事、編入によって得られる税収が101億6000万円と平成20年の藤沢市の都市計画税の2倍、市たばこ税の5倍ほどになる。そのため藤沢市政府内にも全地域の編入を推進する議員が少数ながら存在する。

西部湘南ライフタウンに言及する人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1855年の日露和親条約によって樺太は日露混在地とされたが、当時日本は樺太を開拓する余力が無く、結局1875年の樺太・千島交換条約で樺太を放棄せざるを得なくなった。もう少し詳しく知りたい人はこちら参照。

関連項目[編集]


この項目「藤沢市の領土問題」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)