虹橋操

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
警告
「虹橋操」にある歌曲を聴きすぎると、『FF』『FF』の名曲を聴いたときに変な歌詞が脳内再生されます。

「虹橋操」にある歌曲を聴く際は自己責任でお願いします。二度と『FF』『FF』をプレイできなくなっても責任は負いかねます。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「虹橋操」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
アルバム『VOCAL COLLECTION』より、虹橋の後姿。天才は何を想うのか。

虹橋操(にじはしみさお)は、1999〜2003年、インターネット上で活動した日本のミュージシャン。代表曲は『やまとはかわいい黒豹』。

人物[編集]

略歴と評価[編集]

虹橋操は1999〜2000年ごろ、自分のWebページに自作の歌曲をアップロードして、ごく小規模なコミュニティ内で公開していた。しかし、このような才能を見逃すほど我々日本のネチズンは愚鈍ではない。2001年、彼の歌曲は当時全盛時代に入ろうとしていた個人ニュース系サイトに取り上げられ、瞬く間にネチズンの間に広まった。虹橋はその後も音楽活動を続けていたが、彼の愛猫やまとが天逝したこともあり、2003年に虹橋操は惜しまれるように音楽活動をやめて引退した。今なお彼の歌曲は愛され、作業用BGMに使っている者も少なくない[2]

彼の創り出す素晴らしいと、それを情熱的に歌い上げる歌唱力は非常に“高い”評価を受けている。また、唄ではない楽曲の部分は斬新なエレクトロニックミュージックであり、「まるで名のあるプロが手がけたようなレベル」として作詞・歌唱と同様に高く評価されている。これらは曲のアレンジ部分も含め一個人の能力の範疇を明らかに超えているため、おそらく虹橋はインターネット上では公開していないが、相当有能なメンバーとともにバンドグループを組んでいたものとみて間違いないであろう。

ディスコグラフィ[編集]

代表曲『やまとはかわいい黒豹』[編集]

歌曲とは、そのミュージシャンのである。1人のミュージシャンを説明するときに、一つの曲は千の言葉に勝る。まずは何も言わずに虹橋操の代表曲『やまとはかわいい黒豹』を聴いていただきたい。なお、「やまと」とは虹橋操が飼っていた愛猫である。

♪試聴はこちら

やまとはかわいい黒豹
作詞・作曲 虹橋操

やまとはかわいい黒豹
うちのちいさな黒豹
いつでもニャアニャア泣いてる
お外に出たいとおねだりしてる
かわいらしい八重歯をした
黒豹のおとこのこ

テーマ曲のあるペットは古今東西やまとのみであると思われる。そのやまとは2002年、天逝したそうだ。なーむー。

隠れた名曲『ぴょんぴょん跳ねてる吸血鬼』[編集]

虹橋操の活動後期、『ぴょんぴょん跳ねてる吸血鬼』が発表された。これは知る人ぞ知る隠れた名曲とされている。

♪試聴はこちら

捕まえた 肥えたノミ
ぴょんぴょん跳ねてる吸血鬼
作詞・作曲 虹橋操

オー ノミ オー ノミ
ぴょんぴょん跳ねてる吸血鬼
今日も血を吸う
オー ノミ オー ノミ
ネコノミ

ふくらんだ 赤い痕
かゆくなければ許せもするけど
かゆいぞ許せないノミネコノミ
ノミ取り首輪を装備
ノミ取りぐしで すくいとるんだ
毛皮に隠れる とび跳ね逃げるぞ
バトルは続くよ はてしなく

捕まえた 肥えたノミ

ファンの間では特に「オォオ〜〜ノォミィ!」の部分が、悩ましいノミに苛まれるやまとの苦悩を見事に唄いあげているとして評価が高い。また、「ければ許せもするけど」の部分の意図的なテンポの外し具合も絶妙で、マニアが唸るところである。

その他のディスコグラフィ[編集]

かわいいねこちゃんかと思ってたら、ほんとに黒豹だ!

上述の代表曲を含む虹橋操の発表した全9曲は、『虹橋操 ヴォーカルコレクション』に纏められ、2003年にインターネットおよび都内一部音楽店で販売された。彼の愛猫やまとの姿はこのアルバムジャケットにて初めて公開された。

アルバム「虹橋操 ヴォーカルコレクション YAMATO -THE SWEET BLACK PANTEHR-」
  1. WELCOME TO M.N. WORLD
  2. 餌を求めて
  3. やまとはかわいい黒豹
  4. テクノdeやまと
  5. ぴょんぴょん跳ねてる吸血鬼
  6. 急げ!急げ!!
  7. 決戦
  8. ねこちゃんかなしい
  9. 黒猫乱舞
  10. 我が名はゼロムス(ぴょんぴょん跳ねてる吸血鬼remix) - FFに対する逆パロディという虹橋操の小粋なユーモア。「オォオ〜〜虚!無!

スクウェア『FF』『FF』盗用問題[編集]

2002年、スクウェアから発売されたRPG『ファイナルファンタジーIV』『ファイナルファンタジーV』において、虹橋が手がけた曲が無断使用されていることが指摘され問題になった。スクウェアは虹橋に協力してもらったと説明しているが、「開発チームに虹橋がいた。」「虹橋から曲を提供してもらった。」など公式発表には一貫性が無く、その真偽が疑われる。虹橋はあえてこの核心の部分に触れず「自分の楽曲が広く世の中に知れ渡るのはいいこと。また、スクウェアから虹橋操という1アーティストを評価してもらったことの証でもある。」とコメントを残し、その広い心がファンに深い感銘を与えた。虹橋がこのようなスタンスを取ったことや、真相がうやむやのままとなったこともあり、この問題は2003年には沈静化した。

脚注[編集]

  1. ^ よく知らないけど、たぶんときメモ好きのコミュニティだと思う。
  2. ^ 少なくとも本項の執筆者は使っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 虹橋操公式Webサイト - 現在は活動を休止している。
  • 虹橋操非公式 Fan Club - 残念ながら、活動休止により閉鎖。
  • スクウェア『FFシリーズ』 虹橋操楽曲盗用問題を考える会 - 現在は閉鎖され、Web上からも削除されている。削除についてはスクウェアの圧力があったとされている。