蜜柑中毒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

蜜柑中毒(みかんちゅうどく)とは、日本で約8000万人が発病していると予想される、生活習慣病である。この病に侵された者は、蜜柑中毒者と呼ばれる。決して、ToLOVEるに登場する蜜柑ちゃんに首ったけという訳ではないので注意が必要である。

顔が赤く腫れ上がる病気については、林檎病を参照。

概要[編集]

日本人の約2/3が発病している、不治の病である。こたつにみかんという諺の通り、日本に古くから伝わる病であり、こたつ中毒に匹敵するほど症状は重い。発病すると、大量の蜜柑を消費するようになる。蜜柑はネットに入っている事が一般的だが、段ボールの箱で買うようになるのだ。なお、蜜柑中毒者は蜜柑中毒者と引かれ合う性質がある。

発病[編集]

日本人遺伝子的な疾患による、風土病ではないかと言われている。水分やビタミンC食物繊維等の不足が、発病に深く関わるらしい。秋場から冬にかけて、発病したり症状が重くなるケースが多い為、ウイルスの関連を主張する学者も多い。これは、蜜柑中毒が、ある程度の感染力を持つ事にも関係する。骨折等で長期間入院した場合にも、発病が報告される。それに加えて、受験生の発病報告もある事から、ストレスが関連するとの声もある。

各家庭で集団的に発病するケースについては、遺伝説とウイルスがある。

症状[編集]

異常な喉の渇きと、空腹感。体温の上昇と、身体のほてり。むやみやたらに蜜柑を摂取するようになる。また、指先や舌を中心に色素沈着が発生。しばしば黄疸と間違われる(ちなみに黄色人種は蜜柑中毒者の子孫である)。末期になると、虫歯や慢性的な下痢になる。オレンジぶんたんに、異常な拒否反応を示す場合も報告されている。

治療[編集]

治療方法は発見されていない。腐った蜜柑を摂取して、病気が完治したと言う都市伝説があるが、傷んだ食べ物は身体に害なので、真似をしないことが賢明だろう。治療薬の一つとして、みかん水が開発されたが、効果をえる事は出来なかった。いよかんやポンカンには、一時的に症状を押さえる効果がある。また、餅にも同様の効果がある。

予防[編集]

生活習慣を整え、体調を崩さない事が大切である。冬場でも、一日に2リットル程の水分を取った方が良い。毎日、蜜柑でも食べてると、身体に良いのではないだろうか。

愛媛県[編集]

愛媛県は、蜜柑中毒患者の巨大隔離施設である。県民全てが蜜柑中毒者であり、毎日、必ず一つは蜜柑を食べるという。さらには水道管で各家庭に蜜柑果汁が配給されており、県民は蛇口をひねるだけで蜜柑果汁が飲用できるようになっている。海外由来の安いオレンジを憎み、県産の蜜柑による日本制覇を企てている。恐ろしい事に、愛媛産の蜜柑は、人間を必ず蜜柑中毒に陥れるといわれている。

関連項目[編集]

  • 紀伊国屋文左衛門
江戸時代の蜜柑の売人。中毒患者相手の商売で、多額の財を成した。

ToLOVEる。[編集]

蜜柑中毒者とは、ToLOVEるに登場する主人公のの熱狂的な信者を表す言葉である。ツンデレ妹属性に加えて、ロリ近親相姦背伸び下着マセガキフェチと、非常に気持ちの悪い奴らである。

概要[編集]

結城リトの妹、結城蜜柑を愛してやまない者達。同漫画に金色の闇が登場するまで唯一の若年層であった為、その筋の人々の人気を集めた。キャラ付けの為か、背伸びをしたファッションに挑戦するようになってからは、中毒者が爆発的に増えた。治療法は見つかっていない為、救いようがない。

関連項目[編集]

この項目「蜜柑中毒」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)