血液製剤

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「血液製剤」の項目を執筆しています。

血液製剤(けつえきせいざい)とは、血液を基にして作成した薬や食品全般を指す言葉である。

概要[編集]

人間を始め多くの生物は体内に血液を持っており、養分の伝達や体温の平均化[1]を行っている。その為全体量の3割程を失うと身体機構の維持が困難になり、半分以下になると失血死する事になる。裏を返せば、そこまでの量でなければ失ってもどうということはない。それ故に「血液を使って出来る商売はないか」と考えるのは当然の成り行きだったのである。

しかし血液は乾燥等による変化に極めて弱く、また鮮度維持に高度な技術が必要な為近代に入るまで血液の商業利用は難しく、血液は嗜好品として限られた用途でしか流通していなかった。そこへブレイクスルーが起きたのは17世紀の事であり、採血技術の進歩や衛生観念の発達[2]により清潔な血液を素早く入手出来るようになった事が血液の商業利用を加速させたのである。また20世紀半ばになるとオーダーに応じ必要な成分だけを抽出する技術も確立されていき、その応用範囲は更に拡大していく事になる。これにより血液をそのまま使っていない、成分だけを使った手軽な血液製剤もシェアを伸ばすことになった。今では様々な業界で、血液から作った物品が数多く出回っている[要出典]

とは言え血液製剤は献血売血により大元になる血液を入手しているため、その確保量次第で値段が上下するという難点がある。特に冬場は献血/売血を行う若者が減少し、血液製剤メーカーが原料確保に悩んだ結果値段が上がりやすい。血液製剤の価格安定には、善意による血液の提供が欠かせないのである。

主な用途[編集]

パックされた血液製剤で食事をするヴァンパイア。
食べ物の有り難みをお説教されている所である。
食品分野
濃厚赤血球など、単一成分をパックしたものが有名。これはかつて「亜人」と呼ばれたヴァンパイアキョンシー向けに販売されていたものであり、これにより中世までのように「牙で血管を破って血を吸う」という野蛮な食事法は死文化となりつつある。
現在は一般向けにも流通しており、Amazonで「血液パック」で検索すれば手軽に入手可能。またバレンタインチョコ等ここぞという時の「勝負レシピ」には、血液製剤を隠し味に使うものが多い。
美容分野
天然由来の血液製剤を使った化粧品は、保湿性や美容成分に優れる上肌に負担をかけないとして主にアラサー以上の女性に愛好されている。
また歴史を振り替えっても服部家の千鬼姫やエリザベート・バートリーなど、血液由来の入浴剤を使って美貌を保っていたという記録が残っている。
軍事利用
血液を使った兵器は国際法による規制が無いため、多くの国々が軍事使用の研究を日々行っているとされている。
日本でもHIVC型肝炎のウイルスを有事の際ウイルス兵器として敵国へ散布する計画が存在するが、これらは血液製剤を使って水面下でバラ撒く予定になっている[3]
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 血流量の多い大動脈を冷やすことで、強制的に体温を低下させる事も可能。
  2. ^ これより少し前の医学界では、「手術前に手を洗うと、何故手術の成功率が上がるのか」などという基礎的な事が大真面目に議論されていた。
  3. ^ 有効性を検証する実験が、ミドリ十字社や厚生労働省により行われている。

関連項目[編集]