行基

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「行基」の項目を執筆しています。

行基(ぎょうき)は、古代日本の誇る橋梁・仏像設計者。貯水池掘削などの土木事業にも携わる。また、稀代の二重スパイとしても活躍した。

人物[編集]

矢田行基大橋など橋を幾つも造り、貯水池の掘削指導などを行っていたため民衆に慕われたが、寺外での布教活動を制限した僧尼令に抵触する活動を行った為監禁された。橋梁など大型建造物の設計指導書は中国経由で輸入され、中国語読解が必須とされていたが、社会事業を行う僧侶の中には中国や朝鮮と通じている者が多かった。ご多分に漏れず行基も日本の投石ガレー船建造を妨害するためのスパイ技術者であり、百済の工作員金光烈によって救出された。その後、対外融和政策をとる聖武天皇により東大寺大仏建立の最高責任者とされ、大僧正に叙せられた。大仏建立の傍ら、国産投石器の開発に携わり、同時に投石器の図面を百済に流した。第二次大戦後の北米におけるソ連内通者フックス博士顔負けのスパイ活動であったが、大僧正であったため近衛府の防諜組織も手を出せず、また百済からも新型バリスタの設計図を日本に持ち込んだことから、天皇により不逮捕特権を与えられた。死後、菩薩にまつりあげられたが、本人は不満である。

なお、1500年代に行基に連なるガンスミスの集団が連発銃を発明したが、戦国大名は無意味なたわごとだとして相手にしなかったので、漂泊民サンカの陸軍にこの連発銃が採用された。

伝説[編集]

行基は仏教の布教や土木事業の指導を熱心に行っていたため、彼の死後様々な伝説が作られた。その中の多くは東大寺を建立した彼の名にあやかろうとでっち上げられた伝説であり、寺院温泉地箔付けのためのものだとされている。しかし、実際に行基が開いた寺院の数は多く、[要出典]によってウィキペディアから抹消されてしまった寺院の中にも、本当に行基が開いた寺院があった可能性も否定しきれない。

また、これらの伝説は行基のスパイ活動が技術関係のみにとどまらなかった可能性を示唆している。

例えば、寺院は民衆の動向調査にはもってこいである。ヨーロッパではローマ・カトリック教会が地方の教会を通じて情報収集を行っていたという実例もある。行基も同様のことをしていた可能性は大いにあるだろう。

温泉に関する伝説についても、行基が人里離れた山奥まで土木事業の調査を行っていたことの表れである。これは、軍事的な観点から見れば大いに興味深い事柄である。江戸時代にオランダの医者シーボルトが伊能忠敬の作った地図を国外に持ち出したため処罰されてたことからも分かるとおり、地理というものは国防上の最高機密である。行基が土木事業に熱心だったのも、地理情報を蒐集するためだった可能性もあるのだ。

これらはあくまでも可能性の域を出ないが、真偽がどうであったとしても行基が優秀なスパイあることの査証にはなるだろう。

知恵の文珠(もんじゅ)さん[編集]

行基が生まれ育った場所が、現在の堺市南西部の有名な有名すぎる阪和線の津久野駅から歩いて15分くらいにある、家原寺(えばらじ)である。行基は生前各地に寺を作ったり、池を作ったり、橋を作ったり、遊園地を作ったり、スパを作ったり、お年寄り憩いの場を作ったり、サイクルスポーツセンターを作ったりしたので、「なんと頭の良い生臭坊主なんだ、わしもワイもあたしもあたいもあやかりたい」という泉州・河内・大阪・近畿・西日本・全国から、脳ミソ不足民たちが1年365日毎日毎日わんさかと押し掛けて、寺の壁という壁に見るに堪えない汚いミミズみたいな字を書いたハンカチを二重、三重、四重、五重、六重、七重、八重、九重、十重と際限なく貼り付けている。昭和の後半ころになると受験生合格祈願の寺として有名になったが、地元では奈良時代から<あほばかチンドン屋おまえの母さんでべそひょっとこなんきんカボチャ>が治るらしいことで有名だった。
これに不満なのが、高石市である。行基の父親の朝鮮人が高石市付近に住んでいた渡来人豪族で、高石市は「わが市こそ知恵の文珠さんの故郷父なる家」と吹聴し全国の脳ミソ不足民を集めようとしたが、失敗した。子供はお母ちゃんの実家で育つという歴史知識を知らぬ、脳ミソ不足。
しかし津久野の町も、駅のホームを大阪環状線の駅並みの広大幅にし駅前にビルを建設し繁華街となることを企んだが、徒労に終わる。そりゃそうだ、脳ミソ不足民たちは単細胞、寺への参詣を終えるとさっさと家路についてしまい帰宅するころには自分が何線に乗って何駅で乗降したかまったく記憶をなくしているありさまである。

関連項目[編集]