行政の怠慢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「行政の怠慢」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

行政の怠慢(ぎょうせい-たいまん)とはこの世界の諸悪の根源であり、絶対悪の概念そのもの。また自らの責任を回避するための魔法の一つでもある。

行政の怠慢が猛威を振るった事例[編集]

サリドマイド事件
1957年に発売した睡眠薬「サリドマイド」は妊婦が服用すると催奇形性を示し、薬毒事件として問題になった。当時日本でも販売されていたが、世界的に毒性が問題になってから製品の回収を終えるまでに2年もの時間が掛かっている。その間にもサリドマイドは販売・服用され、被害者を増やすこととなった。これは明らかに厚生省の対応が遅れた結果であり、行政の怠慢であったと言える。
ユッケ食中毒事件
焼肉チェーン店のユッケを食べた数名が食中毒を起こし、死亡者も出た事件。事件後この焼肉チェーン店を経営する会社の社長は事件の原因として行政の怠慢による法令の不備を挙げ(法律で生食用でないユッケを出すのを禁止して頂きたいッ!)、これを認めた行政がその後実際にユッケなどの生肉料理の販売を禁止する法令を発行することとなった。
秋葉原連続通り魔事件
秋葉原無差別殺傷事件とも称される。東京秋葉原において犯人の男性がトラックで通行人をはねた後、周囲にいた人々を次々にナイフで殺傷した事件である。この犯人の男性は当時心の拠り所であった携帯サイト掲示板において孤立しつつあり、犯罪を仄めかす書き込みをするがそれでも周囲の反応は冷ややであった。犯行はこれに腹を立てた結果であると考えられる。行政当局掲示板での彼の発言に大袈裟に反応してご機嫌取りをするべきだったし、犯罪を仄めかす書き込みにはやはり大袈裟に恐れおののき、将軍様の死を嘆く某国民よろしくの素晴らしい演技力でもって涙ながらに犯罪の無意味さを説くべきだった。その後ネット上での犯罪を仄めかす発言に対しては監視が厳しくなったが、完全に後手に回っている。実際の犯人は工場勤務で精神崩壊した一般人な故にステレオタイプオタクを犯人像にしたツケであるが、以後の職務質問も相変わらずオタクなので警察に反省の態度などない国家公認893者である。ただ、エロゲを正当な手続きで売りに行っただけで職務質問な訳だし。
パチンコで損をした
パチンコという法の穴をかいくぐった明らかな賭博を放置していた行政の怠慢である。
タンスの角で足の小指をぶつけた
誰しも一度は経験し、その危険性を理解しているにもかかわらず、角のあるタンスの販売中止・製品回収を指示しなかった行政の怠慢である。
マンモスが絶滅した
絶滅危惧種への指定及び保護策の実施が遅れた結果である。やはりこれも行政の怠慢であると言える。
宇宙が加速膨張している
このままではいずれ全ての星が孤立してしまう。これは宇宙が始まった時に物理パラメータを適切に設定しなかった行政の怠慢である。
最近太った
健康被害が判明しているにもかかわらず高カロリー食品の流通を野放しにしている行政の怠慢である。あなたは悪くない
この記事が面白くない
面白く加筆修正してくれなかった行政の怠慢である。私は悪くない。

関連項目[編集]