街の仲間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「旅の仲間」の項目を執筆しています。

街の仲間(まちのなかま、英:Fellowship of the Road)とは、ならず者や暴徒と戦う冒険者たちを描いた、J.N.R.トールキン著作のファンタジー文学

登場人物[編集]

街路樹GJ!
ほりえもんが撃沈した暴走車
電柱でござる
播州赤穂出身のサムライである。朝鮮人を接待する仕事にからんで、キラにいやがらせをされたことが発端となり、松の廊下でアスファルトにタイヤを切りつけたことから切腹を命じられた。しかし公道でのバトルで大量のならず者を成敗したことから罪一等を免ぜられ、全国を漫遊し悪人を成敗する仕事を申しつけられた。
街路樹
元は盗んだバイクで走り出したり、学校のガラスを割って回ったりする不良であったが、仲間の木を大量伐採されたことをきっかけに立ち上がる。
電柱ですら手を焼く暴走トラックやバスを一刀両断し、以来、地道に不良や暴走族を退治しつづけている。裁判所や警察ですら裁けない特権階級であっても、彼の一太刀を浴びて軽傷でいられた者は数少ない。
一方で、法で裁けぬ悪の犠牲となり身投げをした弱い市民を救うなど、心温まるエピソードも多い。
ホリエモン
暴走車を瞬時に撃沈し、DQNを三途の川にご案内する。特に古城では水底が底なしになっており、車外に出たDQNも討ち漏らすことはほとんどない。
軌道戦士
かつて栄華を極めたが、日本では数少なくなった古代の異種族。一時期は交通の邪魔だと迫害されていた。
特に雨が降った際などには絶大な威力を発揮し、交差点で徐行しないDQNを遠くまではじき飛ばす白い悪魔である。
性欲と鉄とガラスでできたファンネルは、さらなる威力を発揮し、大型トラックや死バスにも勝利することがある。乗用車や二輪車にとっては死そのものである。
踏斬り
信号を守らない自転車や二輪車の足元を掬いひっくり返す鬼である。
威力は絶大で、ダンプであっても数100m引きずられ大破する。脱出できなければ確実な死が待っている。
出口ユキ
冬季限定で出現するヒロイン。→出口ユキ
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

実在する街の仲間[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガーディアン・エンジェルス」の項目を執筆しています。

ならず者討伐のため、今でも全世界で多数の「街の仲間」が道路際に駐留しており、街の治安維持に貢献している。

特に日本では、偶像崇拝の邪教である観音教徒と宗教戦争を繰り広げている。路上での自由恋愛は、神の道に反する邪悪な行動であるため全員逮捕である。が、訪問販売員の訪問販売や、壺などの呪われアイテム販売については取締りの対象となっていないようで、現在でもファミレスや喫茶店などで店員の迷惑も顧みず白昼堂々と訪問販売員が密売されている。

一部は道路に出ず、2ちゃんねるに引きこもってひたすら荒らしの相手をしたり、ロリ画像をダウンロードしまくっていたりしている。

かつては、カタカナの恥ずかしい名前で呼びあっていた。しかし、ミーティングがオフ会と区別つかない、キモいという苦情があり、名前が日本語化された。しかし「ストライダー」が「馳夫」になるなど、名前がダサくなったという批判の声もある。

関連項目[編集]