衝動買い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「衝動買い」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

衝動買い(しょうどうがい)とは、本来は買おうと思っていなかった物をつい買ってしまう事である。女性に多い。

概要[編集]

普段の買い物の中では、普通の商品より豪華に見える商品がある。それは例えば割引された高級バッグであったり、特大チョコであったりするのだが、それらを後先考えずに買ってしまうことを衝動買いという。買った後しばらくしてようやく衝動買いをしてしまったと気づくが、もう手遅れである。買った商品は大して使わないし、返品するのも面倒だし、とにかくマイナス面で大きな負荷がかかる。

影響[編集]

衝動買いをしてしまうと、次のような影響があるとされている。

お金が一気に減る
衝動買いは、安価なものでは意外と起こりにくい。それは「安価なものは買っても経済的に支障はない」という既成観念があるからである。しかし一方で、高価なものについては「買ったら経済的に支障が出る」と思いがちである。そのため、ちょっとだけ安売りしている高価な商品をみると「どうしても買いたい」という欲が発生する。安売りとは言っても所詮は高価な商品なので、お金は面白いように消えてゆく。
家族からの信頼を失う
衝動買いをあまりにもしすぎると、家族からは「お金の管理ができない人」として見られるようになり、その点で信用をなくす。加えて、自分の欲を抑えきれないエゴイストではないか、と疑われることさえあるのだ。

治療[編集]

本人が自覚していてもつい衝動買いをしてしまうことがあるため、治すのは簡単ではない。だが本人が自覚をしていない場合はもっと大変で、本人に衝動買いをしていることを自覚させるというところから始めないといけない。自覚させる時点でDVなどが起きたり、鬱病が起きたりすると、納得させようとしている人まで精神的ダメージを負っておかしくなってしまう可能性も出てくる。そうなると、衝動買いを治すにはまず人格から治さなければならず、膨大な時間がかかってしまう。衝動買いは人間のであり、直ちになくすことが必要だということが分かるだろう。

言い訳とそれに対する反論[編集]

衝動買いをした本人が言いそうな言い訳と、それに対する反論をまとめる。

これぐらいいでしょ。
家族で節約した分で買ってるんだからいいでしょ。
ケチだねぇ~
とにかく「ケチ」と言うことにより、衝動買いそのものを認めてもらおうとする言い訳。
対策としては、一回の無駄な買い物で何ができなくなるかを説明するのが良い。それもお金ではなく、ファミレスに何回行けたとか、雑誌が何回買えたとか、夢の国に何回行けたとかで言うのが効果的である。
家族が買ってくれないのが悪い。
安月給なのが悪い。
◯◯◯(家族の誰か)だって無駄な物を買っているじゃないか。
衝動買いを認めたくないため、家族に責任を押し付ける言い訳。感情で怒りたくなるが、それをすると大喧嘩になってしまう。そのため、冷静に対応することが大切となる。
対策としては、いかに衝動買いで買った商品がいらない物なのかを、冷静に説明するということが大切である。どれだけ真面目に言っているのか、これは怒っているのではなく叱っているということ、衝動買いしなければ完璧なことなどをしっかり話せば、思いは伝わるだろう。
そんなに言うなら、売れよ。
あー離婚したい
もう手遅れです。自分の保険金がいつの間にか増えている可能性もあります。

どれも衝動買いを認めたくないために言ってしまう言い訳である。そのため、付け加えで衝動買いだということをしっかり伝えれば良いであろう。

自覚した後の対策[編集]

自覚してくれれば、後はそんなに難しくない。だが、油断していると症状が悪化してしまうことがあるので注意が必要だ。

対策は、財布の中には大金やクレジットカードなどを入れないということである。万引きをしてまで物を手に入れることは滅多になく、ぶつぶつ言いながらも家に帰ってくるであろう。すると、衝動買いは一時的に起こることなので、欲しいと思った物はいつの間にか忘れているであろう。

これが難しい場合は、買い物はなるべく家族とするというのも効果的だ。家族も衝動買いをしていない限り、家族が自然に止めてくれるからだ。ただし、家族とのスケジュールが合わない可能性が高いため、買い物の回数を減らすか前述した対策法を使うと良いであろう。

浪費との違い[編集]

浪費は、お金を無駄に使うことが習慣化してしまうことである。一方、衝動買いは一時的に起こることであり、習慣化することはあまりない。つまり、衝動買いの方が、浪費より治しやすいという事だ。なので、衝動買いに困っていても、めげずに治すことを頑張ってほしい。

関連記事[編集]

この項目「衝動買い」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)