裏技

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「裏技」の項目を執筆しています。

裏技(うらわざ)とは、裏の世界のシノギなどで使うことのできる便利な技のことである。刑務所以外の裏の世界では頻繁に使われている。

概要[編集]

裏世界や裏街道は一般人が生きている世界と違い、義理と人情を秤にかければ義理の方が重い世界であるのに人の命は羽毛よりも軽く、そして喰わなければ喰われる・人を食い物にしなければ自分が喰われると言う大変厳しい世界である。そんな裏社会の住人が編み出した様々なテクニック、システムの裏をついたような画期的な方法を裏技と呼ぶ。非常に便利で、窮地を救えるものもあるが表の世界(シャバ)で使えば犯罪になるようなものも多々ある。

最近では「コンピューターゲーム等で説明されていない(正規のものでない)方法をつかい有用な効果の得ることのできる技術」のことを「裏技」と呼ぶ人間(主にガキ・ジャリ・坊主)に多く見られるようになってきているが、本来の意味を知らない子供達は本来の意味を知らないであろうし、知ってはいけない事であろう。しかし裏技という言葉があまりに一般的に普及してしまったため2009年に、本来の意味する裏技を「裏の世界の技」と変更することとなった。

主な裏技[編集]

資金洗浄の看板。この看板も裏路地にあった。

ここで紹介するものは裏の世界の技の方である。

  • 指詰め
  • 切腹(ただし廃れてきている)
    裏社会では謝罪もエクストリームである。
  • マネーロンダリング
    お金を綺麗に洗う事によって、そのお金を得た方法を問わなくなるという免罪符。資金洗浄とも呼ばれる。硬貨はコーラなどで洗えばピカピカになるのでよいが、紙幣を洗浄する場合は一定の技術がいるので裏世界の職人の出番となる。
  • 騙し絵    
    騙し絵とは「目の錯覚を利用した絵」のことだと思われているが、本来はギャラリーフェイクなどで販売されている詐欺目的の贋作の事である。
  • 当て字
    本来は裏社会で使われた表記法の一つで本来は暗号のような形で使われている。本気と書いてマジ弱虫とかいてちんぴら恋愛と書いていたずらなど様々な読み方がされる。
  • 倍プッシュ
    ギャンブルの負けを一気に取り返したりさらにむしりとったりするのに使うハイリスクハイリターンな技。
  • 四つん這い
    裏社会でクゥルラァ免許を取り上げられたときに返還を請うために行う行為。

似非裏技[編集]

以下のものは子供向けの意味の裏技である。人畜無害。

  • 指詰め(お子様Ver)
    指の先と先をくっつけ、指を集中して見るとウィンナーのような物が見える技のこと。指ウィンナーとも言う。
  • 切腹(外国人Ver)
    日本文化を十二分に理解した上で、片言で「セップク!」と繰り返し叫ぶ事で疑似体験≒臨死体験ができる。
  • 城之内君、大好きだ!
    武藤 遊戯は、城之内 勝也のことが大好きである。
  • ポケモンコピー(エメラルド)
    バトルフロンティアのバトルタワーを利用してポケモンを増やす裏技。この裏技を応用して道具を増やすこともできる。 コピーは一度に最大5体まで。
  • 縦棒ガッ
    これは、テトリスで4段一気に消す上級テクが決まりそうなときに縦棒を一つずれたとこに落とすことで周囲を爆笑の渦に巻き込むことができるという裏技。あまりに大きなリスクを背負うため法律上、禁止となった伝説の裏技。

関連事項[編集]