西大宮駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西大宮駅」の項目を執筆しています。
西大宮駅北口

西大宮駅(Nishi-Omiya Station)とは、2009年3月14日川越線日進駅指扇駅の間に割り込んだ駅である。日進駅南古谷駅、特に指扇駅からは、割り込まれたうえに電車を交換する駅の座を奪われたために恨まれている。

利用可能な路線[編集]

概要[編集]

この駅は、日進駅指扇駅の間が長く居眠りして乗り過ごす人が多かったため、起こすための途中駅として設けられた。しかし、肝心の大宮駅からは2駅も離れている。東大宮駅も大宮駅から2駅も離れている。そのため、日進駅土呂駅を取り壊してしまおうという案もちらちらあがっている。日進駅土呂駅の行方は(ry

西大宮駅と佐藤栄学園埼玉栄中学校・高等学校[編集]

西大宮駅のせいで埼京線は疲れている。

元々佐藤栄学園埼玉栄中学校・高等学校の生徒達は指扇駅から歩いて登下校していた。しかし、距離がやたらと遠く、登下校中に行き倒れたり、行方が知れなくなる生徒が相次いだ。それらの被害を防ぐためかどうかは知らないが、学校側は「なんつーか、新しく駅作ったほうが良くね?同じく16号線に沿う野田線は駅間短いし。」とJRにくだを巻いた。しかし、JRは「いや、普通にいらないっしょ」と一蹴。話はお流れになるはずだったのだが、指扇駅日進駅から徒歩で帰宅するJR職員まで行方不明者が出るにあたり、JRは事の重大さを認識する。さんざんごねたうえで「駅新しく作るよ!でも、線路は複線にしないかんね!期待しても無駄だかんね!」と意味不明の方言をのたまったあげく、ようやく2008年に工事を嫌々ながら始めた。こうして西大宮駅は誕生したのだが、川越線のダイヤ変更(発車時刻の繰上げ)のため多くの沿線住民が迷惑をこうむることになる。住民にとっては「迷惑な駅」でしかない。

当駅の苦情[編集]

川越線の他の駅と比べて[編集]

この駅だけ、エスカレーターエレベーター完備、待合室有り、スピーカーの音質がいい、といった、新入りのくせにバリアフリーに富む自惚れ野郎である。

周辺施設[編集]

北口[編集]

西区役所やバカエ栄高校・中学やマルエツがある。それでも再開発があまり進んでないか、空き地が多い。隣の日進駅に負けている。

南口[編集]

ものすごい勢いで再開発がなされたため、この一帯はnegi、daikon、hakusaiなどが林立する過密地帯となっていて、その密度はところによって1㎡あたり5-6本にも達する(当社調べ)。またsatsumaimoの進出も見受けられ、今後koimoがどのように増加していくのか動向に注目したいところである。 地理学ではこの様な土地の利用形態を(一部例外はあるものの)一般的に「hatake」と称している。

おまけ 西大宮駅追放住民投票[編集]

2009年3月~4月は、西大宮駅追放住民投票をやっていた。しかし投票率が異常に低く、さいたま市民の10%にも及ばなかった。(多分気にしなかったのだろう)結局西大宮駅は残ることになった。

※なお、今は西大宮駅を追放しようといっても無駄な抵抗ですので、やめましょう。それどころかそんなことを言うと、処罰されます。

そんなこと嘘だよ。黒歴史だよ

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「西大宮駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)