西村京太郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西村京太郎」の項目を執筆しています。

西村京太郎(にしむらきょうたろう)は、日本のライトノベル作家である。だが彼の本当の姿は警視庁十津川警部(フルネーム:十津川省三)であり、彼が担当した多くの事件を問題が無いようにちょいちょいっと変えて小説化している。トラベルミステリーの第一人者と言われているが、警視庁が単純に十津川警部に全国津々浦々を駆け巡らなければならない面倒な事件を押し付けているからである。妻は十津川直子

人物[編集]

先述の通り、警視庁の警部である。当初はまともな事件を担当していたが、時刻表検定で「時刻表博士」を取ったりして鉄道教に入ったことから、警視庁は全国を駆け巡らなければならない面倒な事件を彼に押し付けるようになった。警視庁も仕事が楽になった上に、彼も旅行は大好きなので一石二鳥である。そのため当初は社会派推理小説などを執筆していたが、ヒット作寝台特急殺人事件を執筆するきっかけにもなった某事件のおかげで旅行しなければならない事件は彼にまわってくるようになったことから、トラベルミステリーに移行するようになった。だいたい土曜日の夜10時30分くらいを過ぎると、「カメさん、我々も列車に乗ってみようじゃないか」と唐突に言い出すのが、水戸黄門印籠みたいなもんである。

もっとも近年は「わざわざ公金を使って列車に乗りに行かなくても、国鉄に電話すればすぐわかるんじゃないか」「結局旅行がしたいだけなんじゃないか」等の指摘が会計検査院から度々なされ、蓮舫氏も追及する予定である。

また、最近の夜行列車廃止ムードには嫌気がさしており、飛行機利用が増えてしまったので若干つまらないようだ。それでも最近は飛行機が好きになってきたのか、まんざらでもないようだ。

なお、基本的に彼が担当した事件のことをアレンジしたものしか書いてないので、「時刻表を隅々まで読めばアリバイが解けちゃう」「鉄オタならすぐにトリックがわかる」といった批評があるが、彼が解決した事件しか書いていないので仕方ない。又、実際には実行不可能なトリックもあるらしいが、アレンジなので多少の誤差は出るし、彼は鉄オタであるので多少の無理はきくと言っている。そもそも、そんなことは一般人は誰も気にしないので、根強い人気がある。

妻とアーン♥♥なことはしているようだが、なぜか子供がいない。

彼の家[編集]

彼の家は本来湯河原だが、警視庁とはあまりにも遠すぎるため都内に家を持っている。現在では湯河原が事実上の別荘となっている。本のおかげでお金が余っちゃったので、近くに西村京太郎記念館を設立している。温泉もあってとても良いという。湯河原と東京との往復の運賃は結構なものだと思われるが、それでも納税者ランキングの上位にランクインするほどの大金持ちである。

年齢[編集]

現在、ファンの間で最もよく議論される話題である。あるときは戦前の列車に乗車しているし、あるときは九州新幹線に乗車しており、約70年の差があり、20歳で警視庁に入ったとしても現在90歳前後になるはずである。だが現在でも元気に十津川の名の元に警視庁に所属し、元気に全国を駆け巡っているのでもはや都市伝説となっている。

彼が書いた数々の本[編集]

彼が書いた本の一部。

彼は短編から長編まで、様々なものを執筆している。どんだけハイペースに事件を処理しているのだろうか。過労死しないか心配である。というか既に過労で体調を崩しつつある。

一応、ちょぴっとだけ彼の書いた記事を載せる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

相棒[編集]

亀井定雄、通称「カメさん」である。亀井静香とは関係ないと思われるし、某政治家とも関係ないと思われる。が、お察し下さい

関連項目[編集]


西村京太郎」氏の人生は、まだまだ途中です。より愉快な人生にしてくださる方を求めています。 (Portal:スタブ)