見滝原

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「見滝原」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

見滝原(みたきはら)とは、群馬県前橋市中央部に位置する特別区域指定都市である。某魔法少女アニメがきっかけで一気にスポットを浴びることとなった。

機械工業が盛んで、高崎市にも引けを取らない発達をしている。

歴史[編集]

古くは、洞穴に住む原始人の集落だったという。古代の文献[要出典]によると、

「白い生物が我々に契約を迫ってきた、我々はそれに従い、知識を得た」

とされているが、その話が定かであるかは誰にもわからない。

交通機関[編集]

工業技術に対しては大きな発展を遂げているものの、同市の交通機関は全く発展していない。

基本的に市民は徒歩で生活をするが、魔法を使用して行動する少女もまれに見られる。

市立見滝原中学校[編集]

市立見滝原中学校(しりつみたきはらちゅうがっこう)は見滝原町に最初に設立された中学校である。

群馬県ならではの高い数学教育と、魔法少女の育成が主な校風である。

ここに通う女生徒の大半がレズビアンであるとされるが、真相は不明。

主な著名人として、バイオリニストの上条恭介、神である鹿目まどか(中退)がいる。

詳細は見滝原中学校を参照のこと。

市民の要望[編集]

見滝原市民の多くが、市の行政に対し不満を持っている。その理由としてあげられるのは以下の通りである。

群馬県庁の起動音がうるさすぎる
来るべき戦争に向けて、定期起動メンテナンスを行うようになった群馬県庁の起動音は飛行場のソレに勝るという。
魔女の数に対して魔法少女の数が少なすぎるのではないか
見滝原特有の問題であった魔女による被害だが、現在は鹿目まどかの願いにより解消された。
この世界って守る価値あるの?
事実上女性客から金銭を巻き上げるホストの存在、更に児童虐待の被害を受けた少女も発見されている。ある意味風都と同じくらいの暗黒街かもしれない。

今後の発展[編集]

市の議会は、魔法少女から産出されるエネルギーを利用したアイデアとして、新たな発電方法を利用した発電所、通称インキュベーターの建造を開始するという事を決定している。

関連項目[編集]