視力検査

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

0.1[編集]

視力検査(しりょくけんさ)とは、健康診断の一つ。


0.2[編集]

視力検査には、「視標」というものが使われる。

0.3[編集]

通常は片目を塞ぎ、片方だけの視力を測る。

0.4[編集]

その際、判別可能な最小の指標が視力になる。

0.5[編集]

日本では主にランドルト環という、C型の印の向きで判別する方式をとっている。

0.6[編集]

Cの欠けている部分、二点が離れていることを識別できる最小の大きさを測っている。

0.7[編集]

ランドルト環はスイスエドマンド・ランドルト氏が考案し、現在では国際標準になっている。

0.8[編集]

現在では大きさが違い、距離は同じだが、昔は距離が違い、

0.9[編集]

全て0.1の大きさだったため、視力検査に広い場所が必要だった。

1.0[編集]

これを、遠近法を利用した手法で大きさのみを変えたのである。

1.1[編集]

通常は、1.0が一般的な視力とされている。車の運転には0.7は必要ではあるが。

1.2[編集]

なおここの節はアンサイクロペディアでの一般的な文字の大きさである。

1.3[編集]

アメリカでは、C型の視標ではなく、E型の指標である。

1.4[編集]

また、絵やアルファベットの指標もある。

1.5[編集]

視力が0.1より小さく、5m先の0.1のランドルト環が見えない場合は、更に近づけて測定する。

1.6[編集]

一言に「視力」といっても様々な視力があり、有名なところでは「静止視力」、「動体視力」、

1.7[編集]

また、深視力という、立体、遠近感の把握という視力もある。

1.8[編集]

老眼は40歳ごろから始まり、全ての視力が年齢と共に低下する。

1.9[編集]

ちなみに、ミャンマー、タイの南部に居住するモーケン族は、20歳の若者で視力が9.0の人がいる。

2.0[編集]

さらに、水中視力が2.0であり、科学的に考察しても、目に良いことしかしていないのである(遠くの雲を眺める、など)。

2.1[編集]

なお、視力が2.0を超える人はなかなかおらず、ここから先が見える人はかなり良い視力の持ち主であることは確実である。

?[編集]

ここを拡大せずに見えた人はモーケン族より視力が良いことになる。