親指さがし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「親指さがし」の項目を執筆しています。

親指さがし(おやゆび-)は、日本に古来より伝わる48種類の鬼あそびの内のひとつ。あるいは、そのあそび方を記したルールブック。対象年齢を低めに設定しており、俗世間にとっぷり漬かってしまった真っ当な大人には判読が困難な文体で理解し辛い妖精語を用いることで判読が難しい(妖精語の一例)。しかし、妖精語を用いた自費出版版は世間に出回っておらず、大手出版社により改悪された「一般流通版親指さがし」が有名である。

妖精語や48種類の鬼あそびの詳細についてはリアル鬼ごっこ (ゲーム)を参照のこと。ここでは、あそびとしての「親指さがし」と、ルールブックについてのみ扱うこととする。

鬼あそびとしての親指さがし[編集]

親指さがしは、日本に古来より伝わる「めかくしおに」を発展させたあそびとされる。「めかくしおに」について説明しておくと、参加者は鬼とその他に別れ、鬼は布などで常に視界を遮られた状態とする。他の参加者は目が見えずに両手を突き出してふらふらと歩く鬼に対し「おにさんこちら、てのなるほうへ。こっちのみ~ずはあ~まいぞ、そっちのみ~ずにしずんでしまえ。おにさんずぶぬれ、おにさんうざい、おにさんきもい、おにさんかえれ」などと歌いながら鬼に向かって石を投げ、鬼は石の飛んできた方向および声から他の参加者の場所をつきとめ、両手を振り回して泣きながらぽかぽか叩くあそびである。

これを発展させたといわれる親指さがしは、めかくしおにと違い以下の様な特徴を持つ。

  • 参加人数
    • 親指さがしは、通常150人以上の集団で行われる。以下に役割とおおよその人数を示す。
      • 鬼(1名)
      • 由美子(1名)
      • その他の参加者(大勢。多ければ多い程良い)
  • 陣形
    • 鬼(1名)を他の参加者が取り囲み、左隣の参加者の右手の親指を握る。多くの鬼あそびでは、自由に逃げる参加者を鬼が(何らかの制限を課された上で)追いかける形を取るが、「親指さがし」では参加者が逃げることはなく、反対に鬼を取り囲む。多くの鬼あそびでは、追い掛ける鬼の方が立場が強いとされるが、めかくしおにや親指さがしでは鬼が他の参加者よりも弱い立場であるという特異な図式を見出すことができる。
  • 掛け声
    • 鬼以外の参加者は、左隣の参加者の親指を握ったまま鬼の周りをぐるぐると回る。その際の掛け声は決まっており、「かえせ、かえせ、親指かえせ」である。しかし、ひとりだけ「楓、楓、いまさら痕、かえで、かえで、家族計画」と呟くことになっており、この人物は鬼とも他の参加者とも区別されて由美子と呼ばれる。由美子には設定上親指が無く、他人の親指も忌み嫌っている為、ひとりだけ親指を握らず、握らせない。由美子は常に手を離しているので、他の参加者からは誰が由美子であるのか一目瞭然である。鬼は目隠しをしているので、声以外で由美子を判断することはできない。
  • 勝利条件
    • 鬼は適当なところで「絶対俺、探してやるよ!」とかえせ宣言する。「探してやるよ」宣言が行われた場合、鬼以外の参加者は直ちに口を閉ざす。鬼は無音の暗闇で手を突き出し、先程までの声を頼りに手探りで由美子を探し当てることになる。鬼は由美子と思われる人物に触れながら「さいごのじゅもん」(鬼が思い描いた任意のワードで良い。ゲーム開始前に示し合わせがある時はそれに従う。また、この言葉はウィングマン的には「チェイング」ONE PIECE的には「うるせえいこう」BL的には狩野ハスミ並みの重要な言葉である為、ここでインパクトに欠ける言葉を使った場合は空気次第で切腹を言い渡されるので注意が必要)を叫ぶ。その時に鬼が触れていた人物が由美子だった場合は鬼の勝ちであり、由美子が新たな鬼と成り代わる(由美子は他の参加者も含めて新たに設定する)。もしも由美子ではなかった場合、鬼には「親指さがしをもう一度、一緒にやってほしい」と宣言してコンティニューを行うかかえせ、それとも降参して円の外で膝を抱えて泣きじゃくるか、どちらかを選択することができる。後者の場合、鬼・由美子共に残った参加者の中から適当に選択し直す。

このあそびは「めかくしおに」の発展というよりも、「かごめかごめ」の発展形と言った方が素直なかえせかえせが、むしろ鬼あそびの中に独自色を持ち込みバリエーショかえせかえせかえせかえせかえせ価されている。また、ルールブックかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせかえせ

  水銀 コバルト カドミウム   鉛 硫酸 オキシダン   シアン マンガン バナジウム   クロム カリウム ストロンチュウム   汚れちまった海 汚れちまった空   生きもの皆 いなくなって   野も 山も 黙っちまった   地球の上に 誰も   誰もいなけりゃ 泣くこともできない   かえせ かえせ かえせ かえせ   みどりを 青空を かえせ   かえせ かえせ かえせ   青い海を かえせ かえせ かえせ   かえせ かえせ かえせ   命を 太陽を かえせ かえせ


  水銀 コバルト カドミウム   鉛 硫酸 オキシダン   シアン マンガン バナジウム   クロム カリウム ストロンチュウム   赤くそまった海 暗くかげった空   生きもの皆 いなくなって   牧場も 街も 黙っちまった   宇宙の中に 誰も   誰もいなけりゃ 泣くこともできない   かえせ かえせ かえせ かえせ   みどりを 青空を かえせ   かえせ かえせ かえせ   青い海を かえせ かえせ かえせ   かえせ かえせ かえせ   命を 太陽を かえせ かえせ

[編集]

バルス

ルールブックとしての親指さがし[編集]

ルールブック編纂の目的[編集]

確かに親指さがしにはローカルルールが存在したが、由美子の掛け言葉が異なる(「痕がなんだか判らない」「家族計画とは何か」等の理由から、由美子の掛け言葉を変更する例は多い。要は「かえで」と掛かってさえいればなんでも良い)、左手と右手の役割が逆(これにより、回る方向も逆となる。通常は左手で右手の親指を握り、右に回る(親指を引っ張る形となる))等、基本ルールからの応用が困難・基本ルールを鑑みると確実に混乱を来たす程逸脱したローカルルールは皆無である。

親指さがしのルールブック編纂は、正しいリアル鬼ごっこを広く知らしめようの会略して正リ広知会(たたりひろしかい・代表:山田悠介氏)の思惑により無理矢理行われた、という経緯がある。この背景はとても複雑で、そもそも正リ広知会は親指さがしのルールブックを編纂できる立場には無い。正リ広知会の目的はあくまで「リアル鬼ごっこ」の普及であり、親指さがしについては「世界親指さがし事務局」略してSO-JMK(そーじゅむく)の範疇であった。

二枚舌外交[編集]

しかし、正リ広知会はリアル鬼ごっこ出版当時、リアル鬼ごっこを嫌うのび太国からの報復を恐れ、出版に先駆けて「親指さがしのルールブック作成にあたっては、貴様等の好きなルールを一筆付け加えなくもなくもなくsay yeah」との条件をのび太国側に提案、これが受け入れられた。正リ広知会は、ただのび太国の報復を回避する為だけに、出版の予定もニーズも無い、そもそも自分が出す権利すら無いルールブックの発刊を約束したのである

この交渉はSO-JMKにとって寝耳に水であり、経緯を聞いたSO-JMKは即座に正リ広知会を提訴。しかし、正リ広知会は逆に「ほんとうのおやゆびさがし、つたえたくな~い?」と萌えヴォイスで交渉、結果「一般的に知らしめられた親指さがしはもちろん、細かなローカルルールやプレイスタイルの変化の歴史も含めた親指さがしの集大成」としてのルールブックを作成することを条件に、SO-JMKは提訴を取り下げた

ここで注目すべきは、正リ広知会がのび太国・SO-JMKの双方に甘言を用い、結果相反する条件を取り付けていることである。これは二枚舌外交と呼ばれ、世論から多くの批判を浴びた。また、肝心の内容は妖精語による記述、寓話的なストーリーとラスト、ルールについては世間的に常識とされる一般的なものが記載されているだけに留まり、およそ親指さがしの集大成として30世紀のレク本を妄想していたSO-JMKメンバーは絶望して白い水でうがいを実践、相次いで死亡した。

また、一方ののび太国の提案は「目隠しの布には必ず「の」の文字(のび太国の国旗)を」「由美子探しの宣言を「きれいだ、ぼくはなんてきれいなんだろう」に」「あいさつはかならずセッセッセ」等、実に129.3項目に渡る要求が行われたが、採用されたのは「おまえはいばってるそうだからやっつけてやる」の1項目のみであった

のび太国側は即座に正リ広知会に泣きついたが、「「付け加えなくもなくもなくsay yeah」とは「付け加えなくもないことなどこれっぽっちもありえない、yeahと言う」の意味である」とし、泣いているのび太に対し「yeah」と無気力に宣言して会見を打ち切った。当ののび太はすっかり騙され、50円アイスと100円アイスが等価であることに気付いた時の笑顔で「もうかった、もうかった」とスキップしながら自国に帰った。その様子にのび太以外の国民はすっかり呆れてしまい、現在もこの件に関するのび太国からの公式なコメントは寄せられていない。

評価[編集]

本書はリアル鬼ごっこと同様に30を超えても純潔を守っている妖精・魔法使いあるいは深夜00:00を起きたまま迎えたことの無い子供以外には意味を読み取り辛い独特の文法「妖精語」で記された。しかし、前回のリアル鬼ごっこルールブックの成功に気を良くした山田悠介氏が、自費出版ではなく大手出版社に出版・流通を依頼、結果妖精語を理解しない大手出版社により改悪され読み辛く意味不明な長文に変えられてしまった。

一度ならず二度までも自分の妖精語を汚された山田氏は、自費出版版親指さがしを刊行。しかし、妖精語を理解する真のターゲットであるところの児童は、そもそもルールブックなど読むまでもなく親指さがしのことは熟知しており、親指さがしの起源やその広がりなど、深い知識を欲して得る書物ではないこともエイト・センシズによって感付いていた為、特に興味を示さなかった。

一向に売れる気配のない自費出版版に製本後39秒で見切りを付けた山田氏は、全国の自費出版本取り扱い書店へ向かうトラックに次々と放火、その火の中でマントを翻しながら大笑いしたという。この様子は、日本のバンド筋肉少女帯により、「ビッキー・ホリデイの唄」として音源化されている。

そんなこんなで、このルールブックは30万部も売れた。理由は不明。

各メディアへの展開[編集]

自費出版版[編集]

別名「妖精語版」。書店に並ぶ前に山田氏自身の手により灰と化しており、妖精語版はもはや存在しないと言われている。

大手出版社版[編集]

今日でもっともメジャーな形態である。しかし、メジャー流通で妖精語を解する編集は100人に67人(素数)とされる中、本書も書店に並ぶまでの過程で、無残なまでにその巧みな文章を切り崩された。もはや妖精語の欠片も残らない、いわばモエかすに等しいこの書物に対し、瑣末な突っ込みを入れる者は後を絶たない。

コミック版[編集]

親指さがしは主に「親指さがし」というあそびのルールブックに過ぎず、形式上ストーリーが添えられているだけに過ぎない。よって、これらのストーリーから何かを再生産しようという試みは遍く無意味なものであるといえる。

無意味だというのに、まずコミック版が世に出た。作者は綾村切人。綾村切人のことを悪く書くと自らの良心が放ったケモノにカラダを十七分割される為、これ以上は書けない。残りは自分の目で確かめて欲しい。応ぜねば訴訟。

映画版[編集]

無意味だというのに映画にもなった。主題歌には二作連続でKOTOKO、ということはもちろんなく「ローマ法王に捧げたアヴェ・マリア」でお馴染みのFILIPPA GIORDANOが起用された。イタリア生まれのFILIPPA GIORDANOは当然親指さがしを知らず、「親指を?さがすの?なんか卑猥ね」と、まるで意味の掴めないコメントを残している。

映画版「リアル鬼ごっこ」は原作を忠実に再現しようとしすぎた結果、未完の大作となってしまった。今作は肩の力を抜いた作品づくりが見られ、親指を探している筈が出てきたのは中指しかもよく見るとケチャップウインナー行方不明の由美子を呼んだら後ろにいた「由美子、由美子」と手探りをしていたが由美子は自分の頭の上、といった辛辣かつ残酷なシーンの数々が話題を呼ぶかに思えたが、打ち上げの席で親指さがしを始めたスタッフ連中が間違って召還してしまったエル・ケブレスが暴れた為に場が白け、映画自体もうやむやになった。DVDとVHDも発売暗礁。