角刈り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「角刈り」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

角刈り(かくが- 英:Crew cut)とは、記事加筆時点では主に日本男子のオシャレである。なお、海外の該当する髪型に関してもこの項目で取り扱う。

概要[編集]

短髪型「短髪刈り」の一種で、角張った感じに刈られた髪型の呼び名である。大正年代に大流行をし、上流層・下流層の両階級を通じて愛好されたが、現代ではとび職など一部の職業人たちに好まれている[1]。この髪型はしらみなどの虫害から髪を守ること、そして丸坊主よりもファッションセンスにすぐれる点において有用である。

しかしながら、記事執筆時においては日本の若者のうち、角刈りをしているのはパッとしないガリ勉か引きこもりのニート予備軍くらいである[2]。この時点で若者に対してこの髪型が流行っていないことがわかる。

角刈りの利点と欠点[編集]

この髪型にはいくつかの利点、及び欠点がある。この項目においてはその点を扱う。

利点[編集]

ある時は真面目なスポーツ教師、または周りの人間からの笑いを簡単にも取れる万能な髪型であるうえに1000円ポッキシレベルの技術のなさそうな床屋から、5000円ぼったくられる美容室までどこで切ってもほぼ同じ髪型になれる。即席めんみたいなド素人でもできるくらい簡単。

欠点[編集]

うかつにこの髪型にすることにより、あたまのわるいこにしか見えなくなるという事例が報告されている。また、素人にこの髪型にしてもらい、どうしようもない不恰好なものにされることが報告されている。さらには、職人階級やスポーツマンがよくする髪型であるため、そういった職種の人に間違えられる可能性がある。

外国においての角刈り[編集]

この髪型は1890年代のアメリカコネチカット州に存在するイェール大学ボート部員にて生みだされたとされる[3]。そして、この髪型はおそらく第二次世界大戦までは軍隊により採用されなかったとされている。

この髪型の種別に関しても、英語では、Crew Cut、Military Crew Cut、Flat-top Cutなどが有るとされる。外国においてこの髪型は主に第二次世界大戦アメリカ軍人やスポーツ選手などのがたいのよいひとに多く見られ、このことよりこの髪型は某方面においてのセックスアピールとなる可能性がある[要出典]

角刈り(画像の男性の髪型はFlat-top Haircutであったと推測される。ただし、だらしないのか、カット後かなり時間が経過している)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 理容・美容学習事典(1968年度版)より孫引き
  2. ^ おそらく現在の日本においては、スポーツといえば野球サッカーであるが、前者は丸刈りが普通であり、後者は長髪可能であるため、少ないものと推測される[要出典]
  3. ^ このあたりの記述は英語版ミスター寄付金運営のWeb百科事典より。
  4. ^ 頭髪を全体に短い長さに刈り取った髪型のこと。坊主刈り(ぼうずがり)、坊主とも呼ばれる。
  5. ^ 小さなカールをかけたパーマで、短髪の髪型である。日本の一部の人がこの髪型にしている。この髪型のほとんどが男性。