解体新書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「イッツ、ショーターイム!!」
解体新書 について、涼宮ハルヒ中の人
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「解体新書」の項目を執筆しています。

解体新書(かいたいしんしょ)は安永3年(1774年)に発表された、日本最初の教養バラエティ番組の構成本である。

オランダの人体ギャグ漫画[1]である『ターヘル・アナトミア』を基に製作された。長らく日の目を見なかったが、21世紀になってようやく日本放送協会によって『解体新ショー』として映像化された。

企画[編集]

中川から借りた『ターヘル・アナトミア』を読んだときの両津杉田玄白の反応。

明和7年(1770年)、長崎で遊学中だった前野良沢は暇つぶしに立ち寄ったブックオフで、オランダのギャグ漫画『ターヘル・アナトミア』を読み、その面白さにその場で購入した。

翌明和8年(1771年)、江戸の長崎屋に出入りしていた医者である中川順庵は滞在中のカピタンからこの漫画を借りた。あまりの面白さに、中川は先輩の杉田玄白にもこの漫画を見せた。杉田もこの漫画に興味を持ち、早速購入を希望した。カピタンが「あんた達みたいな黄色い猿に売るわけないでしょ!!でも・・・そ・・・そんなに欲しいんだったら、売ってあげてもいいけど・・・」とツンデレぶりを発揮した上に、外国製の漫画は当時も高く、とても彼らの収入で買える者ではなかった。たまたま彼らの上司である若狭小浜藩の家老がこの本に興味を持ったため、ようやく彼らは『ターヘル・アナトミア』と姉妹編の『カスパリュス・アナトミア』を購入することができた。

同年3月、江戸の小石原にあった処刑場で、日本初のバラエティ番組の収録が行なわれた。このときの内容は中国儒教的概念に基づいた全く面白くないものであったが、集まった全国のプロデューサーの中に、「これをこの漫画のようにこうすればいいのに・・・」とひそひそ呟く一人と二人がいた。前者が前野で後者が杉田と中川である[2]。偶然同じ漫画を持っていることに気づいた彼らは、「今こそこの漫画の面白さを全国の茶の間に伝えなければならない。」という使命感を胸に、この漫画のバラエティ番組化を決心するのであった[3]

製作[編集]

あまりにもひどい誤訳にこれしか言葉が出ない出島の和蘭通詞たち
ムキになって怒っている前野に呆れる製作チームの面々・・・ってあれ?

しかしながら、『ターヘル・アナトミア』の翻訳作業は非常に困難を極めた。3人の中でオランダ語を読めたのは前野だけ、それもローマ字だけであり、彼らは駅前留学するわけにもゆかず[4]、付近のオランダ語を知っている者や、長崎のオランダ人からオランダ語を教わりつつ、何度か8mmフィルムでパイロット版を製作しながら翻訳をするしかなかった。

それでも、安永2年(1773年)には杉田・中川による単発特番である『解体約図』が完成。これが江戸幕府の放送コードに引っかからなかった上、全国からのウケも良かったので、彼らは安心して翻訳を続けた。

だが翻訳作業が進む中で、製作チーム内に軋轢が生じ始めた。杉田は既に40歳になっていたため、自分が死ぬ前になんとしてもこの番組を完成させたかったため、多少の誤訳には目をつぶっていた。しかし完璧主義者であった[5]前野は、あくまでも完全な番組を求め[6]、少しのミスも許さなかった[7]

これらの困難もあったが、安永3年(1774年)にようやく構成書『解体新書』は完成した。が、当時テレビが存在しなかったためバラエティ番組が製作できても放送できず、結局構成書が刊行されるにとどまった。構成書は大ヒットし、日本に蘭学を普及させるという功績を残したが、当初の「人体ギャグ漫画の日本語化」という目的は達成されずじまいであった[8]

1774年版の内容[編集]

大筋は『ターヘル・アナトミア』を基にしているが、直訳ではなく、『カスパリュス・アナトミア』をはじめ、他の欧州製ギャグ漫画を基に彼らなりのユーモアを交えた構成となっている。市販化に伴い、絵コンテがよりリアルな絵となっており、実際に見て分かりやすく体の仕組みが分かるように構成されている。

解体新ショー[編集]

Grue Jammy.gifGrue Jammy.gifこの項目にはNHK制作の番組に関する記述があります。Grue Jammy.gifGrue Jammy.gif

Grue Jammy.gifGrue Jammy.gif受信料の徴収と称してどーもくんが襲ってくるかもしれません。Grue Jammy.gifGrue Jammy.gif

再発見と映像化[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「解体新ショー」の項目を執筆しています。

その後、長らく学術書の古典として一部の知的な理系に親しまれてきた『解体新書』であったが、近年の研究[9]により、その内容が実は教養バラエティ番組の構成書だということが判明した。そして偶然エクストリーム・謝罪後の再編成中のNHKが目をつけ、教養バラエティとして杉田たちが翻訳を決心して335年ぶりに日の目を見ることになったのである。

21世紀版の内容[編集]

映像化といっても、放送コードにこだわるNHKによってある程度の改変がされている。2006年に放送された単発番組のときはラサール石井が司会となっており、インテリな雰囲気の元、粛々と進行する番組だったが、さすがにこれではダメだと思ったらしく、レギュラー化の際に更に大きな改変を受けることになった。

まず、番組自体を2組のプレゼンターがプレゼンした内容を元にトークを行い、どちらが面白いかを観客が判定するというコンパクトな内容にした。さらに、インテリ層のみならず各種層を取り込むべく、国分太一劇団ひとりダチョウ倶楽部、さらには博多華丸大吉麒麟まで投入して多くの層からの人気を得ようとしている。

ってか俺は裏番組のエンタの神様とか理由ある太郎のほう見てるからいまいち内容が分かんねえんだよなあ。

脚注[編集]

  1. ^ トイレット博士』のようなものである。
  2. ^ べ・・・別に「前野」だから前者にしたわけじゃないんだからね!!
  3. ^ 「ちょっと待て。漫画なんだからアニメにすればいいじゃないか。」と思う人がいるかもしれないが、当時は浮世絵しか無かったので無理だったのである。
  4. ^ 勿論、鎖国されていたからである。
  5. ^ しかも、「もう少しで死にそうだから急ごう」と言ってた人よりも10歳年上である。
  6. ^ そのため、『解体約話』で予告することにも反対したほか、報酬はおろかスタッフクレジットさえも断っている。
  7. ^ その後、どうしても完璧な番組にこだわった前野の遺志を継いだ大槻玄沢が寛政10年(1798年)に『重訂解体新書』を製作したが、今度は出版社の倒産などに遭い、刊行されたのは『解体新書』から52年後の文政9年(1826年)であった。
  8. ^ これらの製作時の逸話は杉田による日本初の科学エッセイ『蘭学事始』に詳しい。
  9. ^ 徳弘正也著『ターヘルアナ富子』に詳しい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

「番組に疑問を感じたことがあれば、ホームページを御覧下さい。答えが見つかるかもよ。」
『解体新ショー』に関する問い合わせ について、姉崎まもりの中の人


みなさん、松平です。 この項目「解体新書」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)