設定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

設定(せってい、英語: Configuration)とは、決められた運命を変えようとあがくことへの総称である。

Wikipedia
ウィキペディアではこの項目「設定」は曖昧さ回避になっています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「設定」の項目を執筆しています。

概要[編集]

運命は、人一人で変えられるものではない。それはゲームでも、言葉であってもの話である。ところがその運命を不服に思う頭の固い人類バカバカしい人類は、設定という方法で自分の未来を変えようと模索するのである。それこそ設定と言うものである。が、そんなことで運命を変えられないのは百も承知なのである。運命は結果変わらず、その途中に自らに降りかかるのは害でもあり利でしかない。そのまるでバカバカしいことを設定と言う。この項目では、そんな人類のあがき、そして客観的にどこがバカバカしいのかを形ごとに検証していく。

人生の設定[編集]

リアル人生ゲーム人生オンライン、および エクストリーム・人生も参照。

最も代表的な設定というと「人生」が挙げられる。いわゆる「設定」を行うのは小学生と言われるが、最近では生まれたときから設定を行っていることもある。それは人生をもつ自分のみならず、もそこに介入を行うのである。しかし。運命はその命が宿った瞬間に決まってしまうため、そういった人生設計も無駄と化すのである。その先がニートであれ、リア充であれ、その運命が決まるのは設定をする遥か前なのである。やれ「スポーツ選手」「パティシエール」などとのたまっても、それが人生になるかどうかは絶望的なのである。あきらめなさい。

ゲームなどの設定[編集]

よくConfig(コンフィグ)という名前で設定が行われる。しかし、RPGでもシミュレーションでも、設定をしたって結果は変わらず仕舞いである。多少動きに変化が現れたって、与えられる結論はいつまでもゆるぎないものとなる。ゲームに飽きる時間も変わらず、意思も変わらず、きっとプレイ時間も運命というべきなのだろう。それなのにもかかわらず、「こういう設定じゃなきゃ人間じゃない」などと価値観を押し付けているのは偏見極まりないことを理解するべきである。

関連項目[編集]


ミッキーマンソン.jpg この記事「設定」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)