詐欺路線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

詐欺路線(さぎろせん)とは、遠方の観光客等を分かりにくい路線名で騙し、旅程を混乱させ、運賃と時間を巻き上げることを目的として命名された路線のことであり、鉄道会社の詐欺の一種である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「詐欺路線」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

詐欺路線とは、路線の名称が案内する上でわかりにくかったり、存在しないものを案内している場合を指す。主な例として以下が挙げられる。

  • 路線と同じ名称のを通っていない
  • 路線が名乗る地域に乗り入れていない
  • 路線が名乗る地名や駅名が存在しない
  • 他社と比べて案内上ややこしい路線名

しかし、それは鉄道教信者しか気にしない「正式名称」や「正式区間」が理由である者が多く、一般向けには解消された事案が多い。

詐欺路線の一覧[編集]

水戸線 - (JR東日本)
友部駅から小山駅までを走る。水戸駅へは常磐線に乗り入れなければならず、路線が名乗る駅まで達していない路線である。しかし水戸まで直通する電車は少なくない。
横浜線 -(JR東日本)
横浜駅の1つ手前の東神奈川駅が終点であり、横浜に行くために更に乗り換えを要求される。但し横浜より先へ直通する列車がかなり多いので、あまり気にされてない。
片町線 - (JR西日本)
路線の西端にあった片町駅が地下化により大阪城北詰駅(JR東西線)に切り替わってしまい、路線名の由来となった駅が消滅してしまった。つまり現存しない駅名を路線名として案内してしまっている事になるが、愛称としての「学研都市線」がメインに使われているため、気にするのは鉄オタのみである。
奈良線 - (JR西日本)
京都駅~木津駅の全区間が京都府であり、奈良県に一歩も入らないという手の込んだ詐欺路線名である。しかし列車は奈良駅まで乗り入れ、案内状のラインカラー(茶色)は奈良駅まで伸びているので、気にするのは鉄オタのみである。
奈良線 - (JR西日本)と奈良線 - (近鉄)
どちらも案内上は会社名の付かない「奈良線」と案内され、奈良市より伸びているがJRは南北方向、近鉄は東西方向へ走るため、京都大阪という全く異なる場所へ向かっている。両者を似た者同士(JR神戸線阪急神戸線など)と思い込み間違える人がいるとかいないとか。JRの奈良線がまさかの再登場となり、詐欺王と言えよう。しかしこれに関してはどちらが悪いとは言えないのが事実である。

関連項目[編集]