試験管

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

試験管(しけんかん)とは、主に理科の授業で使われる実験器具武器である。

すごく、長くて……、すごく、かたいです……。でも、優しく扱わないと壊れちゃいそう……。それが試験管。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

歴史[編集]

の時代、科挙の試験中、試験官に突然生えてきた一本のを節ごとに切り落とし、鉛筆立てとしたのが試験管の始まりとされる。

形状[編集]

試験管は、長さ10cm~20cm程、直径は5cm~10cmといろいろなサイズがあるが、平均的なものは長さ14cm、直径4cm、やや右曲りである。試験管の太さは開口部から先端付近まで均一で、先端部は平坦なものもあるが多くの試験管は丸くなっており、ぴったりサイズの穴に挿入しやすくなっている。

標準的な試験管は透明なギヤマンで出来ているため、硬く、中に入っているものを確認することができる。また、長さの比較がしやすいように目盛りが入っているものが多い。誰が開発したかは知らないが、男性器を連想させる作りとなっている。偶然の産物か、それとも意図的な意匠なのかは、定かではない。

使用法[編集]

実験器具として
  • 化学反応を見るのに使われる。しかしマグネシウムの燃焼で多量の光による失明、硫化水素の発生で死亡、ジメチルエーテルの麻酔作用による意識不明等、たいていの場合リスクが伴うことが分かったため最近では命知らずと無知以外は滅多に使わない。
  • 牛乳精液愛液などを採取するために使われる。量が少ないが持ちやすいために、よく使われている。最近は化学反応を見るために使用される機会が減っているのでこちらに使われる場合が多い。余談であるが、大量に搾取したい場合は丸底フラスコを用いること。
薬のビンとして
バイオハザードシリーズなどでの利用法。効き目の大きい薬は少量あれば大丈夫なため、主に試験管が使われている。
武器として
試験管をおもいっきり壁などに叩きつけると、跡形も無く割れてしまう。この時、飛び散った破片が周囲に飛散し、周囲にもダメージを与える。威力はもちろん、サイズの大きいほうが高い。この場合も、丸底フラスコのほうがダメージ、威力が高い。
など、長く、先端が小さいものに先端に装着しフルスイングすれば、当たった相手に致命傷を与えることが出来る。
性化学の実験器具として
硬くて大きいため、女性のオナニーの道具として使われる。ごく稀に、無理に力をかけすぎて、ぴーの中で折れてしまうこと(通称:中折れ)があるので取り扱いには注意が必要である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「試験管」の項目を執筆しています。
  • 試験官 - 時間を計ったり用紙を回収したりする実験器具。メスがいる。
  • ビーカー - 比較的量が多い尿の採取に使用する実験器具。
  • ピペット - 直腸にグリセリンや牛乳を注入する際に使用する実験器具。メスがいる。
  • フラスコ - フラフラしながらスコスコする際に使用する実験器具。丸かったり三角だったりする。メスがいる。
  • メスシリンダー - メスについている、ぴーアーン♥♥する際に使うの実験器具。